Pride of Yellow & Blue

[鹿島学園サッカー部父母会公認ブログ] このブログでは、『鹿島学園高校サッカー部』の活動状況について、父母会会員の皆さんへのご案内を主たる目的として、チーム・選手の動向を中心に、試合の予定や結果等も含めてご紹介しています。また、各試合で撮影させていただいた写真(Webアルバム)も父母会員の皆さま向けに公開しています。

2013年04月

昨日、ホームで第1節が開催された[2013 関東トレセンリーグ U-16]茨城県のページ…既にご存じの方も多いかと思いますが…トップの画像は、K島学園の新1年生たち14人になっておりました(笑)
1367229858622

冒頭の集合写真に加え、メンバー一覧にも選考漏れした愚息も掲載いただいたようで…ビックリしましたが(苦笑)、3種、4種のチーム名も掲載されてますし、選手たちがお世話になってきた少年サッカークラブ・少年団やジュニアユース・中学校の各チームには良い宣伝になるかとー♪ 
002

13:00~(卜伝の郷A)
茨城県代表 2-3  山梨県代表 
(前半2-1.後半0-2)

《試合展開》@sagankurumeさん、@u18youthsoccerさんのツイートから引用)

●[茨城スタメン]1隈元.5大里.3中野.4戸田.2石川.6千葉.7平戸.8飯島.11金子10山中.9色摩

●[山梨スタメン]1千野.2渡辺.5山口.3山本.6大場.13中込.7末木.14深澤.8前田.15狐塚.10川手

●[茨城1-0山梨]茨城が先制。8飯島のスルーパスをうまくターンして受けた9色摩が独走してチョンと流しこんでゴール

●[茨城1-1山梨]山梨追いつく。5山口のパスから左10川手がドリブル突破。タイミングを計った左からの低いパスにファーでフリーの8前田がさわるだけのゴール

●[茨城2-1山梨]茨城は左から長いFKを縦に放りこみ、DFの間に入りこんだ小柄な10山中が胸で落としたボールをCB4戸田がダイレクトでゴール

●[前半終了]茨城県2-1山梨県。決定機は茨城4山梨4。お互いに攻守の切り替えが早い好ゲーム。茨城はターン鋭いドリブル突破のFW9色摩(鹿島Y)が素晴らしい。ボールを受ける前のボディフェイクで相手DFを置き去りに。山梨もチェイスの激しさとテンポの良いパスワークを見せている

●茨城は後半から大里、金子佐藤、宮本

●茨城、色摩→田中

●[茨城2-2山梨]山梨は左からの高いクロスに10川手がヘッドで合わせて追いつく

●茨城、山中年代

●茨城、飯島→鬼澤

●[茨城2-3山梨]山梨が逆転。単調なロングボールの処理を茨城が誤り、相手へのパスになってしまう。裏に出たボールに途中出場の11大西ジョニーがDFとの競り合いを制して裏とってゴール

●[試合終了]茨城県2-3山梨県。後半の決定機は茨城5山梨2。後半はロングボールやクロスのこぼれを拾った山梨ペース。チャンス一歩手前のシーンが多かった。茨城は決定機を決めきれず、途中出場の選手が試合に入れないまま逆転負け

《メンバー表》
ibaragi

yamanashi

現地で観戦された方のツイッターから得た情報ですので、試合展開等に誤りがあるかもですが…本当に残念な結果となったものの、国体組のK島学園新1年生のみんなも先発、途中出場で精一杯、戦われたことと思いますし、次節での捲土重来を期待します!


その他、本日行われた残り3試合の結果と各都県のメンバー表は以下の通りです。


11:00~(
卜伝の郷B)
群馬県代表 2-3  東京都代表
gunma

tokyo


13:00~(
卜伝の郷B)
千葉県代表 1-6  埼玉県代表

*アルディージャとレッズ勢で固めた埼玉に対し、小生の地元千葉は、レイソル・JEF勢は皆無ですべて高校組…。昨年のアルディージャジュニアユースは全国でも1,2を争う実績を残していますし、結果も案の定、まったく歯が立たずのスコアになっちゃいました…。まー
いくらJ勢がいなくても、市船、流経が揃っててこの結果というのも、ちょっと寂しい限りですけれど。 
chiba

saitama


11:00~(
卜伝の郷
栃木県代表 0-7 神奈川県代表
kanagawa

tochigi


今後の日程表を再掲します!
chart_106217_


●3節までの結果はミニ国体(8/17~19.保土ヶ谷公園サッカー場/日産F小机)の予選を兼ねているため、前年度の結果によってA・B各グループで対戦
 
●2012年度の結果は、1位.神奈川,2位.東京,3位.埼玉,4位.山梨,5位.茨城,6位.千葉,7位.群馬,8位.栃木

Aグループ: 神奈川・山梨・茨城・栃木(前年度1,4,5,8位)
Bグループ: 東京・埼玉・千葉・群馬(前年度2,3,6,7位)

第1節 4月29日(月・祝)[茨城開催] 
ト伝の郷A面(公園管理棟側)①11:00 神奈川 vs 栃木 ②13:00 山梨 vs 茨城
ト伝の郷B面(カシマスタジアム側)①11:00 東京 vs 群馬 ②13:00 埼玉 vs 千葉

第2節 5月26日(日)[千葉開催]
市原スポレクD面(人工芝)①11:00 山梨 vs 栃木 ②13:00 神奈川 vs 茨城
八幡公園球技場(人工芝)①11:00 埼玉 vs 群馬 ②13:00 東京 vs 千葉

第3節 7月15日(月・祝)[群馬開催]
県立敷島公園サッカー・ラグビー場(天然芝)①11:00 神奈川 vs 山梨 ②13:00 東京 vs 埼玉
県立敷島公園補助競技場(天然芝)①11:00 茨城 vs 栃木 ②13:00 千葉 vs 群馬

国体.関東ブロック予選(ミニ国体)
8月17日(土)~19日(月)
会場:横浜市(保土ヶ谷公園サッカー場・日産フィールド小机)

国体(スポーツ祭東京国体)
9月29日(日)~10月3日(木)
会場:小石川・西が丘・朝日・味スタ(少年男子)

第4節 11月24(日)[栃木開催]
那須スポ
中央グラウンド(天然芝)①11:00 神奈川 vs 東京 ②13:00 埼玉 vs 山梨
那須スポあかまつフィールド(天然芝)①11:00 群馬 vs 栃木 ②13:00 茨城 vs 千葉

第5節 12月15日(日)[東京開催]
清瀬内山運動公園サッカー場(人工芝)
A面①11:00 東京 vs 山梨 ②13:00 神奈川 vs 埼玉
清瀬内山運動公園サッカー場(人工芝)B面①11:00 茨城 vs 群馬 ②13:00 千葉 vs 栃木

第6節 2月22日(土)[茨城開催]
①12:00 神奈川 vs 千葉 ②14:00 山梨 vs 群馬
①12:00 埼玉 vs 栃木 ②14:00 東京 vs 茨城
*会場未定 

第7節 2月23日(日)[茨城開催]
①10:00 神奈川 vs 群馬 ②12:00 山梨 vs 千葉
①10:00 埼玉 vs 茨城 ②12:00 東京 vs 栃木
*会場未定 
 
公式サイト各試合会場


明日、4月29日(月・祝)の予定

国体組》 関東U-16トレセンリーグ(ミニ国体予選)第1節 VS 山梨県代表 13時~(卜伝の郷

B-1》 練習試合 VS 波崎柳川高校 9時~(神栖総合G

県東組》 県東トレセン・選考会 12時~(神栖総合G

以上、監督のブログほかより判明している明日の予定になりますが、山梨県代表と関東トレセンリーグ初戦を戦う《国体組》には、4月21日(日)の選考会に参加したK島学園の新1年生14人から、プリンス関東組のT君、S君をはじめ合計9人が選ばれ、明日の試合に臨むようです。

一方、明日の12時から神栖総合グラウンドで行われる『県東トレセン・選考会』には、トップを除く、B-1、2、3の各カテゴリーで活動している新1年生のうち、現在までにIFA県1部リーグ・県東リーグで試合に出場していない選手や地元出身の選手を中心に選抜されたメンバーが参加するようです。

その他の新1年生については、朝から練習試合が予定されている《B-1》組を除き、「卜伝で走り?」という噂も聞こえてきますが(苦笑…オフとゆー話も?)、大切な試合に臨む《国体組》をはじめとする新1年生メンバーの皆さんには、憚りながら、明日も精一杯のプレーを期待しま~す!

ということで、明日の予定についてはここらで終了ですが…愚息に聞いたところによると、新学生寮の建設や校舎の改築等との兼ね合いで、工事が遅延していたK島学園高校サッカーグラウンドの人工芝化のほう、先週末から、いよいよ人工芝の貼り付け作業がスタートしたようです♪

在校生、卒業生たちがツイッターにアップしている画像の一部&監督ブログに掲載された写真を以下に再掲させていただきますが、不躾ながら、特に震災以来、2年間以上、自前のグラウンドなしでずっと頑張って来られた先生方と3年生の皆さんには、本当に頭が下がります…。

あともう少し…完成が待ち遠しいですね!
キャプチャ

298784007186

kashimagakuen-396997

kashimagakuen-396999

kashimagakuen-397000

kashimagakuen-397001


本日、4月27日(土)に行われましたK島学園高校サッカー部の試合結果の速報です!

第4節 11時キックオフ(神栖市・矢田部サッカー場A)
K島学園高校(A) 1-4 桐蔭学園高校(神奈川)

茨城県 IFAリーグ 県東地区A
第1節 14時40分キックオフ(神栖市・矢田部サッカー場B)
K島学園高校(C) 5-0 玉造工業高校A

茨城県 IFAリーグ 県東地区B
第1節 10時00分キックオフ(卜伝の郷B)
K島学園高校(D) 1-0 波崎高校A

プリンスリーグ関東2部の地元・開幕戦に挑んだトップチームは誠に残念でしたが、本日開幕した県東リーグの第1節に臨んだCチーム(B2)・Dチーム(B3)は揃って白星スタートとなりました!

このほか、公式戦のなかった2ND(B1)チームは、埼玉県の昨年の選手権代表校である「正智深谷高校」まで遠征し、トレーニングマッチを行われたようですが、愚息に聞いたところでは、勝ち越して鹿嶋に戻ってきたとのことでした♪

強風にも負けず、最後まで戦い抜かれた選手の皆さん、今日も本当にお疲れ様でした!

4月27日(土)

トップ》 プリンス関東2部 第4節 VS 桐蔭学園高校 11時~(矢田部A面)

B-1》 練習試合 (4/22付監督ブログの記述より.場所、時間等、詳細未確認)

B-2》 IFAリーグ県東地区(Aブロック) 第1節 VS 玉造工業A 14時40分~(矢田部B面)

B-3》 IFAリーグ県東地区(Bブロック) 第1節 VS 波崎高校A 10時~(卜伝の郷B面


4月28日(日)


学校行事》  アントラーズユース全校応援 VS ヴェルディユース 11時~(カシマスタジアム

国体組》 国体組トレーニング部HP予定表より.場所、時間等、詳細未確認)


4月29日(月・祝)


国体組》 関東U-16トレセンリーグ(ミニ国体予選)第1節 VS 山梨県代表 13時~(卜伝の郷


以上、監督のブログほかより判明している4月27日~29日の予定をまとめました。

土曜日の「プリンス関東」、及び「県東地区リーグ」は地元開催ですので、各カテゴリーで活動している1年生も帯同することになると思います。なお、B-2(2NDチーム)の練習試合については、不躾ながら現状、小生のほうでは詳細未確認です。

一方、翌28日(日)は、学校行事として、K島学園で選手達が学びをともにしている「アントラーズユース」の全校応援が予定されており、サッカー部の新1年生たちも参加するようですが、部のホームページに記載の「国体組トレーニング」が実施される場合、先日の選考会で選抜された新1年生を含む、K島学園の国体メンバーは、こちらに参加することになるかと存じます。

また、この国体メンバーについては、月曜日、29日の13時から、卜伝の郷グラウンドにて、ミニ国体予選を兼ねる「関東U-16トレセンリーグ」の第1節、対「山梨県トレセン」戦に臨むことになります(その他の新1年生のこの日の予定は未確認)。

ちなみに…寮生活で学校の情報も余り伝わってこない毎日を送っているのは我が家だけではないかと思いますが(笑)、聞くところによると、学校のほうは、明日26日(金)に登校したら、5月6日(火・祝)まで“10連休”になるという話です(苦笑)

なお、新1年生に関わる上記以外の明日からの活動予定についても、わかり次第、できるだけご案内させていただければと思っておりますが…あしからずご了承ください。

*K島学園関係のみ抜粋して掲載
 

[Aブロック]
 
第1節 4月27日(土)14:40~ 玉造工業A × K島学園C (矢田部B)

第2節 5月03日(金)10:00~ K島学園C × 波崎B (矢田部C)

第3節 5月19日(日)12:20~ 神栖 × K島学園C (鹿島ハイツ③)

第4節 試合なし

第5節 6月22日(土)14:40~ 取手松陽 × K島学園C (矢田部A)

第6節 6月29日(土)14:00~ K島学園C × 波崎C (ト伝の郷A)

第7節 7月06日(土)13:00~ 明秀日立A × K島学園C (矢田部A)

第8節 7月13日(土)10:00~ K島学園C × 麻生A (ト伝の郷A)

第9節 7月20日(土)12:00~ K島学園C × 波崎柳川A (矢田部)
 

[Bブロック]

第1節 4月27日(土)10:00~ K島学園D × 波崎A (ト伝の郷B)

第2節 5月03日(金)10:00~ 麻生B × K島学園D (神栖総合A)

第3節 5月19日(日)14:40~ 水戸桜ノ牧B × K島学園D (鹿島ハイツ③)

第4節 6月01日(土)12:20~ K島学園D × 波崎柳川B (矢田部A)

第5節 6月22日(土)12:00~ 鹿島C × K島学園D (ト伝の郷B)

第6節 試合なし

第7節 7月06日(土)14:40~ K島学園D × 玉造工業B (若松陸上競技場)

第8節 7月13日(土)16:00~ K島学園D × 潮来 (ト伝の郷A)

第9節 7月20日(土)14:00~ 鉾田第二 ×島学園D (矢田部)
 

本日、4月21日(日)、昨日からの冷たい雨が依然、降り続く、生憎のお天気のもと、新1年生を対象にした「国体メンバー選考会」が午前9時より、鹿島ハイツ№5グラウンドで行われました。

今秋の「東京国体」に向け、29日(月・祝)から始まる関東各都県とのトレセンリーグ戦及び、国体本戦への出場をかけた関東予選(関東の枠は東京を除き「4」)に臨むメンバーを選ぶ、この日の選考会には、県内のJクラブ及び強豪高校から約30名が集合。

K島学園の新1年生、14人も参加するなか、大雨の最中、メンバーを入れ替えながら、20分1本のゲームを繰り返し行ったようです。

選考の結果は、29日(月)のトレセンリーグ前日に国体メンバーでのトレーニングが予定されていることもあり、明日以降、早々に発表になるかと思われますが(今年はK島学園のS監督が茨城県代表の監督を務められます)、国体の「少年男子サッカー」のベンチ入りメンバー数は「16人」と他の大会より少ないのが特徴…。

さらに、レギュレーションの関係で、早生まれの高校2年生も国体メンバーに名を連ねることになるため、今年は何人の新1年生がメンバー入りできるか定かでない部分もありますが(昨年のぎふ国体1回戦の茨城県少年男子の登録メンバーは、2年生4人・1年生12人でした)、選ばれた皆さんには、茨城県の代表として、まずは国体の本戦出場をめざして、頑張っていただければと存じま~す!

ちなみに、その他の新1年生の動向については、いつもセカンドチームで活動しているメンバーは、昨日の県1部リーグ戦に帯同したこともあり、今日は「終日オフ」となる一方、日頃、トップチームで活動していながら国体選考へ招集されなかったメンバーを含めた、その他の新1年生メンバーは、午後2時半よりハイツの№4グラウンドにて、横浜市立金沢高校とのトレーニングマッチに臨んだようです。

ここのところ、風邪をこじらせたり、体調を崩しているメンバーも散見されるようですし、悪天候の中でのプレーとなった今日もみんな、かなりお疲れかと思いますが、明日からもサッカーに勉強にしっかりと取り組めるよう(笑)、うがい手洗いの励行等、あたりまえの予防策もしっかりと実践しつつ、体調管理に留意していただければ幸いで~す♪

新1年生の皆さん、今日も本当にお疲れ様でした!

本日、4月20日(土)に行われましたK島学園高校サッカー部の試合結果の速報です!

プリンスリーグ関東 2部
第3節 11時キックオフ(清瀬内山運動公園サッカーグラウンド)
K島学園高校(A) 0-2 関東第一高校(東京)

詳細は不明ですが…残念!!!

一方、セカンドチームが出場している茨城県IFAリーグ1部の第3節、対「水戸商業A」戦も本日、13時半より住金グラウンドで開催されましたが、第1節、第2節と「水戸啓明A」「鹿島高校A」という強豪を大差で下し、リーグ首位をひた走る水商Aを相手に、0対3からの大逆転勝利を挙げたようです!

茨城県 IFAリーグ 1部
第3節 13時30分キックオフ(住友金属グラウンド)
K島学園高校(B) 4-3 水戸商業高校A

すごい!!!

季節外れの寒さの中、戦い抜かれたトップチームとセカンドチームの皆さん、本当にお疲れ様でした!


トップ》 プリンス関東2部 第3節 VS 関東一高 11時~(清瀬内山運動公園

2ND》 茨城県IFA1部 第3節 VS 水戸商業高 13時半~(住金G

愚息から昨晩遅くに聞いたところでは、本日の「プリンス関東 vs 関東一高」には、前節に続きT君とS君の2人に加え、公式戦後に「トップチーム・リザーブ組」での練習試合が予定されているということで、プラス4人の新1年生が帯同するとのこと。なお、愚息も含め、現在、トップチームでトレーニングさせていただいている“残り”の新1年生メンバー(8人?)は、今日は「オフ」になる模様です。

その他、前節同様に県リーグのほうに何人か新1年生が帯同するかはちょっと未確認なのですが…試合組以外の新1年生は今日は「オフ」という話も漏れ聞いております(確実な話でなく、スミマセン!苦笑)

ちなみに、新1年生を対象にした明日の「国体メンバーの選考会」の参加者についても、まだ、正式な通達はないようで…たぶん、判明するのは今晩になるかと思います。

僭越ながら、「プリンス関東」に出場するトップチーム、「県1部リーグ」に出場するB1チームのみなさんんのご健闘を心からご期待申し上げますとともに、束の間の「オフ」となるメンバーには、ゆっくりと心身のリカバリーに努めていただきたいと思いまーす!

雨上がりの空にかかる虹――。

七色のヒカリが空に大きな弧を描く幻想的なその様に、見た者誰もが夢や希望をそっと想い描く、ステキな自然現象ですが、大荒れのお天気となった先々週の日曜日、4月7日の夕暮れ前、K島学園学生寮から眺める南の空にも、雨上がりに大きな虹がかかったようで、寮にいた新1年生の多くが、その幻想的なアーチを眼にしたとのこと♪

寮の窓から臨む「虹」

入寮からようやく3週間、はじめての親元を離れての集団生活に加え、全国屈指のサッカー強豪校のレベルの高さや部員数に圧倒され、心が折れそうになっているメンバーも少なくないようにも思うところですが、あるメンバーがツイッターに掲載していたこの写真を眼にした折、少しばかり自信を失ったり、不安に駆られたときには
、ゆずの「虹」を聴いてみてほしいなーと想った次第でして…。


「虹」 
唄:ゆず
作詞・作曲:北川悠仁




君の足にからみつくのは何 劣等感?


それとも不調和な日々に芽生えた違和感?

空虚な空 気が付けばほらうつむいて

一人ぼっちになってたいつかの帰り道

特別なことではないさ それぞれ悲しみを抱えてんだよ

自分次第で日々を塗り替えていける

誰の心の中にも弱虫は存在していて

そいつとどう向き合うかにいつもかかってんだ

そうやって痛みや優しさを知ってゆくんだよ

間違いなんてきっと何一つないんだよ

誰のせいでもないさ 人はみんな鏡だから

勇気を出して 虹を描こう

越えて 越えて 越えて

流した泪はいつしか 一筋の光に変わる


曲がりくねった道の途中で


いくつもの分岐点に僕らは出逢うだろう

だけどもう振り返らなくていいんだよ

君だけの道 その足で歩いて行くんだよ

遠回りしたっていいさ 時にはつまづくこともあるさ

でも答えはいつも 君だけのものだから

届け 届け 届け

暗闇の中で泣いてたんだね

希望を乗せ 空に響け


乾いた大地踏みしめる埃まみれのboots

与えられてきた命取り戻すのさroots

吹き抜ける風の中を 光と影を受け止めたなら

行こう君と

越えて 越えて 越えて

越えて 越えて 越えて

流した泪はいつしか 一筋の光に変わる

虹色の明日へ続く


雨上がりの空に そっと架かる虹の橋

雨上がりの空に そっと架かる虹の橋



様々な葛藤や迷いの中から、自らの足で一歩ずつ前へ踏み越えていった先にある一筋の光、「虹」――。


鹿嶋での3年間、大変なことは、これからまだまだたくさんあると思いますが、僭越ながら、労苦の末に開かれる新しい扉の先に必ず存在する「虹」を3年生の冬に全員で見ることができるよう、共に切磋琢磨しつつ、仲間を支え、仲間に支えられながら、みんなで頑張っていってほしいなーと切に願っています!

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

4月20日(土)

トップ》 プリンス関東2部 第3節 VS 関東一高 11時~(清瀬内山運動公園

2ND》 茨城県IFA1部 第3節 VS 水戸商業高 13時半~(住金G


4月21日(日)

バックアップ》    練習試合 VS 金沢高校(鹿島ハイツG)14時半~

1年生 国体組》 国体選考会(鹿島ハイツ№5グラウンド)9時~


前節同様、土曜日の「プリンス関東」には、1年生からはT君とS君の2人が、また「県1部リーグ」にも現在Bチームで活動している1年生のうち、数人が帯同することになるかと思います。

一方、翌21日(日)には、1年生を対象にした「国体メンバーの選考会」も朝からハイツで予定されているところですが、監督のブログにも記載されている「1年生 国体組」が誰を指すのか、愚息に聞いても「わからなーい」とのつれないお返事(苦笑)

現在、トップチームの練習に参加させていただいている14人(?愚息談)が該当する可能性が高いような気もしますが、週末の活動について、コーチ陣からの正式な通達はまだのようですので、わかり次第、ご案内させていただければと存じます。

去る4月15日(月)から本日18日(木)までの4日間、今年7月にロシアのカザンで開催される「第23回 ユニバーシアード競技大会」に出場する、ユニバ日本女子代表候補のトレーニングキャンプが、「鹿島ハイツ」で行われました。
top_img_50
現役大学生、大会の前年に大学、または大学院を卒業している選手が出場できるこの大会には、現「なでしこジャパン」の近賀ゆかり選手や大滝麻未選手、有吉佐織選手らも過去に出場。

2011年に深圳(中国)で行われた前回大会では、日本は決勝まで進出したものの、開催国・中国に延長戦の末、1対2で敗れ、惜しくも金メダルを逃したこともあり、今回の大会へ臨むユニバ日本女子代表には、大きな期待が寄せられています。

ユニバーシアード日本女子代表メンバー(2013) 

氏名読みチーム名I
GK高橋美春TAKAHASHI Miharu静岡産業大
GK杉本葵SUGIMOTO Aoi大阪体育大
GK平尾恵理HIRAO Eri筑波大
DF櫻本尚子SAKURAMOTO Naokoジェフユナイテッド市原・千葉L
DF小島未愛KOJIMA Michika大東文化大
DF石田みなみISHIDA Minami早稲田大
DF中村 楓NAKAMURA Kaedeアルビレックス新潟
DF竹山裕子TAKEYAMA Yuko浦和レッズ1
DF左山桃子SAYAMA Momoko静岡産業大
DF齊藤夏美SAITO Natsumiバニーズ京都SC
DF村松真冬MURAMATSU MafuyuFC吉備国際大
DF高木ひかりTAKAGI Hikari早稲田大
DF須永愛海SUNAGA Manami仙台大
MF加賀孝子KAGA Kouko仙台大
MF南野亜里沙MINAMINO Arisa関東学園大
MF大宮玲央奈OMIYA Reona早稲田大
MF杉田亜未SUGITA AmiFC吉備国際大
MF西川明花NISHIKAWA AsukaFC吉備国際大
MF木下 栞KINOSHITA Shiori日テレ・ベレーザ
MF中村ゆしかNAKAMURA Yushika関東学園大
MF児玉桂子KODAMA Keikoアルビレックス新潟
MF和田奈央子WADA Naoko浦和レッズ
MF山守杏奈YAMAMORI Anna筑波大
FW高橋千帆TAKAHASHI ChihoFC吉備国際大
FW嶋田千秋SHIMADA Chiaki日本体育大
FW瀬口七海SEGUCHI Nanami早稲田大
FW植村祥子UEMURA Shoko日本体育大
FW後藤亜弥GOTO Ami日本体育大
FW川原奈央KAWAHARA Nao早稲田大
※1=I欄○:トレーニングキャンプ参加メンバー(4/15~19 茨城)
※2=4/15辞退:竹山裕子「体調不良のため」
Blog0415

なお、鹿島ハイツでキャンプが行われたこともあり、K島学園高校サッカー部も連日、各カテゴリーごとにトレーニングマッチの相手を務める等したとのこと。

昨日には、「プリンス関東」メンバーのT君とS君を除いた「新1年生」のAチームが《30分×2本》で対戦させていただき、5対0(?愚息談)で学園1年生Aが勝利した模様ですが、相手チームには、昨夏に日本で開催された「U20女子W杯」に出場した「ヤングなでしこ」のメンバーも名を連ねていたようで、合同でのトレーニングの後、この試合にフル出場させていただいた愚息自身、個々の技術や代表選手としてトレーニングに臨む姿勢等、とても勉強になったようです。
 
ちなみに、監督の今日のブログでは、昨日、「なでしこ」の佐々木監督が学園に訪問された様子を掲載されていらっしゃいますが、ハイツ前で写真撮影されているところから推察させていただけば、ユニバ女子代表合宿の激励という目的もあったような気もするところ。

今回の合宿に参加されたユニバ代表候補の皆さんのなかからも、未来の「なでしこ」がたくさん誕生するはずですし、7月の本大会も含め、私も注目していきたいと思いまーす!
 

先頃、サッカー部のオフィシャルホームページに掲載されました「平成25年度 K島学園サッカー部 年間活動予定表(4月5日現在)」を画像ファイル化して転載します。

若干、不鮮明かと存じますが、予定表の画像のうえでマウスのダブルクリック等をしていただければ拡大してご覧頂けますし、スマホ等へ画像ファイルとして保存することも可能です。どうぞご了承下さい。

クリックをお願いしま~す♪
にほんブログ村 サッカーブログ 高校サッカーへ

002
003

クリックをお願いしま~す♪
にほんブログ村 サッカーブログ 高校サッカーへ

去る、4月14日(日)、群馬県前橋市の前橋商業高校にて、『U16ルーキーリーグ関東・静岡(Bブロック) 』の第1節、前橋商業戦が行われました!

この日は、新1年生役60人のうち、25名が前橋までバスで遠征。残りの30人強の仲間たちも、習志野高校との練習試合(@習志野高校グラウンド)に臨むなか、10時過ぎに会場入りした前橋組のメンバーも、12時より、強豪・前橋商業とのリーグ初戦に挑みましたが、試合の結果は以下の通りとなりました。

[U16ルーキーリーグ関東・静岡(Bブロック)]
第1節 12時キックオフ(前橋商業高校グラウンド)
K島学園高校 5-1 前橋商業高校
40分ハーフ
得点:11分(№43)、30分(№17)、43分(№18)、45分(№28)、62分(№5)
失点:42分


強豪・前商を相手に、長時間移動&アウェーという状況にもかかわらず、立ち上がりからK島学園がペースを握ると、前日のプリンス関東でも久我山から先制点を挙げたエースT君と、同じく前日のプリンスでベンチ入りを果たしたS君がゴールを決め、前半を終わって2対0。

サイドが変わった後半早々、自陣の右サイドを崩され嫌な失点を喫するも、その後、すぐさま2点を追加すると、その後にもだめ押しの1点を挙げ、トータル5対1という大差で、見事、リーグ初戦をものにしました!

内容的にはマダマダ改善の余地もたくさんあるとは存じますが、まだチームとして動き始めてから2週間余りという時期にもかかわらず、テンポの良いパス回しやワンツーなど連動した動きも含め、本当にボールも人もよく動いていましたし、個人的には「相当、強いなー」と思わず唸らざるを得ないようなゲームでした(苦笑)
 
20130414ルーキーリーグ前商01
20130414ルーキーリーグ前商02
20130414ルーキーリーグ前商06
20130414ルーキーリーグ前商04
20130414ルーキーリーグ前商04

当日の試合の模様を撮影した写真アルバムは《こちら
続きを読む

本日、4月13日(土)に行われましたK島学園高校サッカー部の試合結果は以下の通りです!

プリンスリーグ関東 2部
第2節 13時キックオフ(國學院大学たまキャンパスグラウンド)
K島学園高校 3-3 國學院久我山高校

第1節で優勝候補のフロンターレを一蹴した久我山高校に対し、前半序盤に先制するも、その後、2点を返され、ハーフタイム。さらに後半早々3点目を奪われたものの、直後に退場者を出した相手からPKで2点を返し、最終的には3対3のドロー決着となりました。

内容的にはちょっと押され気味だったようですが、第1節の内容からも、かなり戦前の評判が高かった久我山からアウェーで勝ち点がとれたことは、不躾ながら本当に素晴らしいことと思います!

ちなみに、前節が延期になった関係で、K島学園高校には実質、開幕戦となったこの試合、現在、愚息も末席を汚させていただいている「トップチーム」で活動中の新1年生から、T君とS君が早くもベンチ入り! 

さらにT君に至っては先発で出場し、“JFAアカデミー”育ちの看板に偽りない、大活躍だったようです♪

IMG_0998
好天に恵まれたグラウンド
IMG_1353
先発した新1年生のT君
IMG_1064
先制点もT君が挙げた模様♪
IMG_1542
PKを決めた、キャプテンY君とエースK君
IMG_1371
試合を見守る監督・コーチのみなさん。一番左は噂の方…???


また、セカンドチームが出場している茨城県IFAリーグ1部の第2節も本日、開催されましたが、以下の通り下妻二高を下し、今季IFAリーグ初勝利を挙げました!(1勝1敗)

茨城県 IFAリーグ 1部
第2節 13時30分キックオフ(住友金属グラウンド)
K島学園高校(B) 3-0 下妻二高

詳細は不明ですが、この試合にも現在セカンドチームで活動している新1年生のうち数名が早くもベンチ入りを果たしたようです♪

既報の通り、明日は、新1年生の試合が予定されており、Aチームは「U16 ルーキーリーグ関東・静岡」の第1節、前橋商業戦、Bチームは千葉県の古豪・習志野高校との練習試合になります!

どのようなメンバーでそれぞれの試合に臨むのか、監督がプリンス遠征からまだお帰りになっていないこともあり、現状、未確定のようですが、相手も同じ1年生ですし、今日の先輩方の活躍を倣い、精一杯のプレーを期待しま~す♪

4月13日(土)

トップ》 プリンス関東2部 第2節 VS 國學院久我山高校(國學院大学G)13時~

2ND》 茨城県IFA1部 第2節 VS 下妻二高 13時半~(住金G)


4月14日(日)

1年A》 U16ルーキーリーグ関東・静岡(Bブロック) 第1節 VS 前橋商業(前商G)12時~

1年B》 練習試合 VS 習志野高校(習志野G)10時~



新1年生も、いよいよ他の高校との対外試合が開始!

Aチームは「U16 ルーキーリーグ関東・静岡」の第1節、前橋商業戦、Bチームは千葉県の古豪・習志野高校との練習試合がマッチメークされています。

第1節が荒天で延期となった「プリンス関東」に出場するトップチーム、第1節で鹿島高校に惜しくも敗れた「県1部リーグ」に出場するB1チームも含め、各チームの健闘をご期待申し上げます!



仕事から帰宅したところ、「WOWOW」から大きな袋が届いてまして…。

奥様と2人で夕食を摂りながら、「何だろう?」と開けてみたところ、袋の中には、先日の日本アカデミー賞ほか、昨年度の各映画祭の作品賞・監督賞を多数、獲得した映画「桐島、部活辞めるってよ」に出演した俳優さんたちの“直筆サイン寄せ書き”がっ♪
 
2013-04-10-06-22-04_deco
大ファンの山本美月ちゃんのサインは左下(笑)

同映画の監督・出演者によるスペシャル番組の放送を記念して「WOWOW」が募集した「視聴者プレゼント」に1カ月前くらいに、何気なく応募していたのですが…なんとなんと当選しちゃったのです!(笑)
 
正直、応募してたことすら忘れちゃってたのですが(苦笑)、昔からファンの『CanCam』の人気モデル、山本美月ちゃんをはじめ、出演者たちが実際に書かれた直筆サインですし、さすがに嬉しい限りっ♪

早速、遠く鹿嶋の地にいる愚息にも自慢すべく、LINEしたところ…。

その後のやりとりは以下の通りですが…さらにビックリしちゃう事実に直面することになりまして(笑)
続きを読む


昨日、監督のブログでご案内をいただいたところによれば、帝京高校など強豪校で長く監督を務められた名将H先生が、K学園高等学校、男子・女子サッカー部の総監督として、このたび着任されたとのこと(学校での役職は、理事長室長)。

H先生は、高校選手時代、主将として帝京高校を全国選手権初優勝に導き、大学選手時代は、中央大学サッカー部主将として大学リーグ優勝等を経験。日本リーグ時代は、フジタ工業(湘南ベルマーレの前身)でリーグ戦、天皇杯優勝を果たされ、日本代表候補にも選出された、選手としても素晴らしいキャリアをお持ちであり、さらに指導者としても、帝京大、帝京高校、帝京第三高校(山梨)の監督を歴任されているほか、日本サッカー協会S級ライセンスも取得されています。

S監督が帝京第三高校在籍時、H先生が同校監督を務めていらっしゃったご縁もあって、今回、K島学園高校に着任されたことと存じますが、憚りながら、私自身、H先生と聞いてスグに思い浮かんだのは、「最後のロッカールーム」!

img_632718_7624658_1

ご存じの方が大部分のとおり、「全国高等学校サッカー選手権大会」で敗退したチームのロッカールームにカメラを入れ、恩師の最後の言葉や選手達の様子を同日のハイライト番組等でオンエアする――というコーナーですが、私も“青春”と“感動”の言葉にいつももらい泣きしちゃってますし、決して嫌いではない企画です。

「お前らとサッカーができて良かった」

「3年間ありがとうございました」

もっとも、言葉は違えど、監督が選手に労いの言葉をかけ、選手達が涙するという、同じようなやりとりが大凡の場合なのですが…第86回 全国高校サッカー選手権2回戦、「広島皆実」との一戦を0対2で落とした後、当時、帝京高校監督を務められていたH先生が、敗れた生徒達にかけた言葉は、本当に印象的でした。

『ちょっとしたマークの確認、そういう勝負の中で、隙がお前らの中にあったんだろうな。いいか、サッカー続けていく3年の連中に言うけども、甘い! まだまだ精神的に甘いぞ、お前ら。2対0のビハインドでもっと飛び込んで、1点でも返してくるような選手たちかなと思ってたけど。後輩に、しんどい時に踏ん張れる姿を見せてくれなかった、お前ら。色んな部分で、もっと選手自身が強くならないと。 いざとなった時に、そういった力が発揮できない。サッカーだけじゃなくて。よく肝に銘じて、厳しい言葉だけど、お前らの置き土産じゃねえけどな、よく3年生たち覚えておいてくれ』

たしか、まだトラック部分が青色になる前の「駒沢陸上競技場」だったと思うのですが、残念ながら2回戦で敗れ去ってしまったものの、3年間頑張ってきて、帝京高校としても久しぶりの全国大会出場を果たし得た部員に対して、この厳しいお言葉…。

「これが帝京か」「全国屈指の強豪校は違うな」と思う一方、他校の「最後の…」と余りにもテーストというか、トーンが異なる感じに、私自身、その時は正直、違和感を覚えたのを記憶しているのですが、この話には続きがあって…。

翌年の第87回大会。K島学園高校が全国第3位に輝いた、記念すべき大会ですが、この年の1回戦、H先生率いる帝京高校は、またしても広島皆実と対戦。リベンジが期待されましたが、スコアレスドローからのPK戦を残念ながら4対5で落とし、早々と大会をあとにすることとなります。

しかし、前年と同じ、駒沢陸上競技場のロッカールームで、試合後にH先生が選手達にかけた言葉は、『みんな力はしっかり出してくれた。懸命に頑張ってる姿に好感が持てたし、本当に良いゲームだった』という労いの一言。そして、キャプテンからのお礼の言葉にH先生は、21年間の監督生活のなかで初めて涙を流される…。

ちなみに、この大会で広島皆実が全国制覇を果たしたわけですが、1回戦から決勝までの6試合のなかで、K島学園を下した準決勝、現アントラーズFWの怪物・大迫選手を擁する鹿児島城西を粉砕した決勝も含め、唯一、公式記録上引き分けとなるPK戦となったのが、この1回戦の帝京高校戦だけでした。

この2大会の帝京高校の話は、その後、日本テレビ系の「深イイ話」でも後日取り上げられたことで、さらに広く一般の皆さんにも周知されていったことと思いますが、この番組内で、今は芸能界から離れている某司会者がコメントした、確か以下のような感じの言葉も自分には印象的でした。

『監督が把握している選手たちの実力を出し切れないで負けた試合では叱咤激励し、それを出し切った試合では誉める、ということが徹底されている』

『広島皆実が全国優勝し、帝京は、その広島皆実にPK戦で負けたわけだが、この時点(帝京高校の最後のロッカールーム)では、広島皆実がどこまで勝ち進むかはわからない。広島皆実が優勝した後に「お前たちは、優勝したチームとPK戦までいったんだから良くやったよ」というわけではない。対戦相手、結果ではなく、監督自身が信じた選手たちが、力を出し切れないで負けた時は叱咤激励し、力を出し切った際には心から誉める。そういうことだと思います』

同校出身の「とんねるず」がたびたび番組で叫んでいる「帝京魂」の神髄、ここにあり――というエピソードのように思いますが、K島学園のS監督がことあるごとに言われる「学園魂」と、H先生の「帝京魂」の融合が、どんな“化学変化”を導き出すか!

不躾ながら、本当に楽しみです♪

imge84b6368zik6zj
とんねるず・木梨憲武さんがデザインしたという「帝京魂」のマーク!



クリックをお願いしま~す♪
にほんブログ村 サッカーブログ 高校サッカーへ

東北地方の日本海側と太平洋側に位置する台風並みの二つの低気圧が、北東へと進んだ今日は、昨夕からの豪雨があがった首都圏でも、朝から大風の1日となったわけですが、そんななか、突然、愚息が鹿嶋よりご帰宅されました~!

昨日の入学式で会った際には、そんな話など、みじんもしていなかったのですが(苦笑)、今朝方「オフだし、かえろっかなー」と突然、愚息からLINEが…。

プリンスリーグ関東の開幕戦は延期になったものの、県リーグ1部の開幕戦は予定通り行われることから、先輩方の県1部リーグ出場メンバー(Bチーム)は試合となる一方、新1年生は早々にオフとなることが決まっていたようで、寮の仲間も水戸界隈まで遊びに出かけたり、実家に戻ったり、鹿島スタジアムにプレミアリーグイーストのアントラーズユースの試合を見に行ったりと、みんなどこかへとお出かけするなか、愚息も「だったら帰ろうかな…」と突然の日帰り帰省を決めたようで。

風に弱い鹿島線もこの段階では、まだ通常運行してたことから、朝食後、同じく実家に戻るフッチSC出身の仲間と、寮から自転車で鹿島神宮駅まで行き、そこから鹿島線、成田線、総武本線と乗り継ぎ、約2時間の小旅行を経て、成東駅に到着。迎えに行った私の車に乗り、12時前に自宅へと帰着しました。
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

明日4月7日(日)11時~茨城県神栖市の「矢田部サッカー場 A面」で開催が予定されていた、K島学園高校の『プリンスリーグ関東2部』開幕戦(vs佐野日大高校)は、公共交通機関の状況、移動中の安全面などが考慮され、延期が決定しました(順延日は未定)。

その他、『プリンスリーグ関東』の以下の試合も延期となっています。

<1部>
横浜 F・マリノスユース vs 前橋育英高校(日産フィールド小机)
  ⇒ 5月19日(日)に延期(開始時間、会場は変わらず)

<2部>
幕張総合高校 vs 関東第一高校(姉崎公園姉崎サッカー場)
  ⇒ 5月19日(日)16:00~ 私学事業団総合運動場で開催予定


本日、4月6日(土)、午前9時45分より「平成25年度 K島学園高等学校 第25回 入学式」が同校、体育館を会場に行われ、愚息の高校生活が本格的にスタートしました!

爆弾低気圧が関東の南岸を通過する影響で、午後から明日の午前にかけて大荒れのお天気が予想されるなか、朝7時過ぎに奥様と2人で地元・東金を出発。千葉・東金道路から東関東自動車道を抜け、9時前には学校に到着し、会場となる体育館にて、式の開始を待ちました。

DSC_0003
開式前の体育館ステージの様子
2013_0406_090653_520
会場内に貼られたお祝いメッセージのなかに、ジュニアユース時代、
お世話になった整骨院さんからの祝電を発見!
多くの中学校からの祝電等も掲示されていましたが、愚息の出身校
からは祝電が届かなかったようです(涙)

入退場の楽曲を演奏してくださった吹奏楽部の先輩たちのリハーサルなどを聴きながら、しばしの時を過ごした後、午前9時35分、いよいよ新入生の入場が開始。

保護者には事前に情報提供がなされないこともあり、「自分の子息はどのタイミングで入ってくるのか?」と保護者が一斉に体育館の入り口に注目するなか、入試等の結果上位者により構成される、勉学の特別選抜クラスであるA組から、続々と子どもたちが体育館内に歩みを進めてきます。

真新しい制服に身を包んだ子どもたちの少しこわばった面持ちに、こっちまで緊張してきた次第でしたが(汗)、肝心の愚息はいつまでたっても現れず(笑)

愚息はスポーツクラスのため、例年ならばD組かE組になるはずなのですが、今年はサッカー部も含め、スポーツ特待生・推薦者が多いので、「スポーツクラスが3つになるかも…」という事前情報もあり、「さてさて、どこで出てくるか?」と首を長くしていたところ、最後の最後、E組の前から2番目にその姿を発見しました!
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

昨日同様、明るい日射しに包まれた今日も、麗らかな春爛漫の1日になりましたね♪

こうしたなか、人工芝化工事の遅れでグラウンドがないK島学園の新1年生たちは、今日は、学校の外周6キロ走と校庭内の階段の上り下り10往復という、「走り」中心のトレーニングに取り組んだようで…。

BG_x6xjCIAAYQGN
校舎から人工芝化工事中のグラウンドに伸びる階段
BG-TwPpCUAEaWg4
先日、坂下の体育館で行われた保護者説明会の際は、
途中で挫折しそうになった父母も多数(笑)

オフを満喫しちゃった愚息達はまだしも、昨日、横浜で行われた「adidas UEFA Young chanpionships 2013 横浜ラウンド・フットサル大会」に参加していたメンバーには、4日連続の試合のあと、休みなしでの「走り」は、かなりキツかったことと思いますが(涙)、みんなケガなく、明日以降も元気にトレーニングに励んでいただけるよう、祈念するばかりです!

というわけで、今日の新1年生ネタについては、早くも終了なわけですが(笑)、昨晩遅く、愚息に聞いたところによれば…昨日、行われた「adidas UEFA Young chanpionships 2013 横浜ラウンド」に出場した、K島学園の新1年生チームが、なんと、見事、第3位に輝いたとのこと♪



新2年生チームが惜しくも準優勝だったこと、さらには先の選手権でも1年生ながらチームの中心として活躍されていた新2年生のKくんが得点王を獲得したことは、既に昨夜からゲキサカでも報じられているところですが、55人のメンバーから選抜された10人で臨んだ新1年生チームも、各地の強豪合計24チームを6つのブロックに分けて行われた予選リーグを突破。さらに準々決勝も勝ち上がり、いよいよ、新2年生vs新1年生の「K島学園対決」となった準決勝へ!

最終的にはオウンゴールが決勝点となって、1対2で上級生に敗れたものの、愚息と寮で同部屋のT君が1ゴールを挙げるなど、技術では圧倒されながらも、なかなかの戦いぶりをみせた模様です。

ちなみに、決勝に進んだ新2年生チームは、残念ながら0対1で流経柏に敗れ、イギリス行きの道は絶たれてしまいましたが、それでも準優勝は素晴らしい結果ですし、第3位となった新1年生チームの頑張りも含め、改めて、愚息はすごいところに入ったんだなーと実感しました(汗)

BG_OXcaCEAA86tR
決勝は「流経柏」vs「K島学園A」(2年生)

愚息も、次の機会には出場できると良いんですけど…(苦笑)

ちなみに、明日は、爆弾低気圧の襲来が予想されるなか、K島学園高校の「入学式」と「入寮式」に参加予定!

薬や飲料、録画したDVD等、愚息から“支援要請”のあった“援助物資”(笑)を持参しつつ、夫婦で鹿嶋まで行ってきま~す♪


クリックをお願いしま~す♪
にほんブログ村 サッカーブログ 高校サッカーへ

大荒れのお天気となった昨日から一転、気持ちの良い春の陽気に包まれた今日、3日連続で試合に臨んでいた新1年生は「完全OFF」。

千葉では例年3月末に行われる中学校の離任式が、茨城では本日行われるとのことで、茨城県内の中学をこの春、卒業した新1年生部員のなかには、母校の離任式へ顔を出すことができたメンバーもいたようですが、愚息はと言えば、寮でひとしきりぐたぐたした後、仲間達と鹿嶋市の市街地へと自転車で繰り出し、イオンなどの商業施設等で楽しい一時を過ごしたとのこと(笑)

Screenshot_2013-04-04-11-54-37-1
愚息のツイート♪ 寮飯は玄米でして(笑)

大きく生活環境が変わるなか、いきなりの試合続きでちょいとお疲れだった心身もリフレッシュできたことと思いますが、そんなこんなでみんながOFFを満喫する一方、実は、新1年生のなかから選抜された10人のメンバーは、朝早くから寮に集合し、サッカー部のバスで一路、横浜へと向かい、adidas主催のフットサル大会に出場したようで♪

BGuVJEFCEAEJDdS
 
「all for this road to wembley ~すべてをかけろ。世界はもう、夢じゃない~adidas UEFA Young Chanpionships 2013 横浜ラウンド」と称するこの大会は、adidasに由縁のあるチームが集い、5人制のフットサルで頂点を決めるもの。1日には大阪の堺で13~14歳のメンバーによる大会が開催されましたが、横浜での大会は15~16歳を対象とした大会となっており、マリノスタウンで行われたこの日、K島学園からも新2年生と新1年生から各1チームずつ、合計2チームが参加しました。
続きを読む


クリックをお願いしま~す♪
にほんブログ村 サッカーブログ 高校サッカーへ

今日は、発達した低気圧が日本列島を縦断した影響で、首都圏でも昨夜半から大荒れのお天気となったわけですが、朝方、愚息に確認したところ、そんな悪天候でも、現在参加中の「鹿島カップ・ジュニアユーススプリングフェスティバル」は予定通り開催されるとのこと。

もともと、今日は仕事も休暇をとっていたこともありますが、「ならば!」と一念発起して、愚息に内緒で試合を観戦しに行くことを決め、1人、「鹿島ハイツ」へと向かいました♪

今日は11時半~のFC古河さんとのゲームに出場すると聞いていましたが、あいにくの荒天ですし、少し余裕を持って8時半頃、千葉県・東金の自宅を出発!

東金から鹿嶋まで、道中の9割が高速道路ですので、普段ならば快適なドライブとなるところですが、今日に限っては「暴風」「波浪」警報やたくさんの注意報が発令されていることを実感する凄い雨風のなか、いつもよりも安全運転をこころがけながら10時半過ぎには鹿嶋市へ。

Screenshot_2013-04-03-11-00-11
11時の時点での注意報と警報(笑)

いつもの道を進み、K島学園高校の校舎や寮からほど近い「鹿島ハイツ」へと赴きましたが、鹿島灘が近いこともあってか、雨風は道中の千葉県内よりもさらに強い感じ。大きな立木も弓なりに曲がるほどの強風と横殴りの雨に、「鹿島カップ」とは別の女子の大会が行われていたピッチも、ところどころ人工芝に水が浮き、風でボールもがんがん流されてていました。

DSC_0320
荒天にみまわれた鹿島ハイツ

まさに「本当に試合するのかな?」と思わすにはいられない状況でしたが、とりあえず、K島学園の新1年生たちが朝から試合を行っている「4番グラウンド」に赴いたところ、愚息が出場する前のゲームの真っ最中。

2013_0331_145744_546 (2)
大会3日目の当初予定

木陰で雨宿りしながら観戦していたところ、荒天で40分ハーフが35分ハーフに短縮されたらしく、しばしの後、タイムアップとなり、当初の予定よりも少し早く、愚息たち、Aチームの試合となりました。

昨秋の高円宮杯県大会2回戦以来、ひさびさの試合観戦。高校生になって初めて見るゲームということもありますが、何より、名門「K島学園」の新1年生のAチームという恐れ多いチームで、愚息が足を引っ張らずにプレーできるか…大きな不安と少しの期待を抱きつつキックオフの時を待っていましたが、ピッチに目をやると、真新しい練習用ユニフォームに身を包んだ愚息が!


DSC_0327
試合前の円陣。23が愚息です(笑)

昨日同様、先発で使っていただけたことに感謝しつつ、持参したカメラで写真を撮りながら試合を拝見していたのですが、JFAアカデミーやレイソル、東京ヴェルディ、アントラーズなど、そうそうたる所属先でジュニアユース時代を過ごしてきた輩が名を連ねるAチームの選手たちは、みんな、強烈な雨風が吹きすさむ荒天のなかでも、その実力がありありとわかる素晴らしいプレーぶり。

DSC_0366
DSC_0348DSC_0387

DSC_0391

水のたまったピッチや半端ない強風の影響もあって、序盤はなかなかゴールが奪えない展開でしたが、セットプレーの流れから先制点を挙げると、その後も前半のうちに2点を追加。


スマホで少しばかり撮影。烈風と豪雨の凄さがわかるかと

GK以外の全選手を入れ替えて臨んだ後半にも2点を追加し、トータル5対0でタイムアップとなりました。
続きを読む

新年度2日目の今日は、昨夜からの雨に加え、4月とは思えないような底冷えの1日になりましたが、そんな悪天候にも負けず、K島学園サッカー部の新1年生たちは、今日も「鹿島カップ・ジュニアユーススプリングフェスティバル」in 鹿島ハイツへ♪

大会2日目の今日も、各地の強豪ジュニアユースチームとの間で合計3試合が行われたようです(既報の通り、ジュニアユースの大会に特別参加しているので、相手はどのチームも1学年下)。

ちなみに、今日の3試合については、昨日の各試合におけるプレーぶりをもとに、改めて新1年生55人をA~Cの3チームに分け直したうえで、それぞれのチームが1試合ずつゲームを行ったようですが、愚息はと言えば…昨日のBチームでのプレーぶりに思いの外、高評価をいただけたようで、今日はなんとAチームの先発で「鹿島アントラーズジュニアユース」との試合に出場させていただけたとのこと♪

昨日のブログにも書かせていただいたとおり、昨日の「栃木SCジュニアユース」との試合でのプレーには本人もかなり手応えがあったようですが、まさかAチームにあがって即、先発とは…。正直、ちょっとビックリでしたが、監督さんも、今はいろいろな選手の組み合わせを試されているであろうことは明白ですし、ちょっと気を抜けばまたBチームに回されちゃいそうな気もする次第(笑)

実際、今日のプレーぶりを愚息に尋ねたところ「昨日のほうが良かった」という返答でしたし(笑)、明日はまたBチームに逆戻りかもしれませんが(苦笑)、とにもかくにも愚息には、新1年生のAチームの先発に名を連ねさせていただけたことにも慢心せず、泥臭くがむしゃらな全力プレーで、引き続き、真摯に取り組んで行ってほしいと思っています!

なお、愚息が出場させていただいた本日のAチームの試合結果は、「K島学園1年生A 4-1 鹿島アントラーズジュニアユース」だったようです♪

って、この記事をアップしようとしたタイミングで、愚息から明日もAチームでプレーさせていただける旨、LINEで連絡がありました!(笑)

明日はFC古河さんと対戦する予定とのこと。かなりの悪天候が予想されますが、ベストを尽くして頑張れよー!

新年度スタートに併せ、K島学園高等学校サッカー部オフィシャルホームページの「チームメンバー」欄も昨日、2013年度版に改められ、愚息たち新1年生部員の名前が新たにリストに加えられました!

1蟷エ逕櫞P(1)
チームメンバー(1年生の欄のみ抜粋)
1蟷エ逕櫞P3
1年生メンバー。人数はもとより、3種での所属先も蒼々たるところばかり


不肖愚息が、晴れて名門、K島学園高校サッカー部の一員となれたことを実感(笑)

ちなみに、ホームページには早くも来春の入学・入部を希望する現中学3年生向けの「セレクション情報」や「申込書」等もアップされています。興味のある方は、是非、ご覧下さい!


クリックをお願いしま~す♪
にほんブログ村 サッカーブログ 高校サッカーへ

いよいよ2013年度の幕開けとなった今日は、巷でも、朝からフレッシュマンの初々しいスーツ姿をちらほらお見かけしましたが、K島学園高校サッカー部の新1年生も、本日より活動がスタート!

上級生のトップチームが市船が主管の「東日本ユース研修会」、セカンド&サードチームが波崎の「毎日コムカップ」と「スポマネカップ」に出場するなか、新1年生チームは、鹿島ハイツで今日から3日間、各地のジュニアユースチームが集まって行われる「鹿島カップ・ジュニアユーススプリングフェスティバル」に特別参加(ジュニアユースの大会なので、相手はどのチームも1学年下)するとのことで、入寮翌日&活動開始初日から、いきなりの試合となったようです(笑)

なお、今日から3日間の大会スケジュールは以下の通りとなりますが(昨日、寮のボードに掲示してあった紙を急ぎスマホで撮影したため、ちょっと不鮮明でスミマセン…)、さきほど愚息にLINEで少しばかり聞いたところによれば、一般入部生をのぞく新1年生55人を早速、Aチーム20人とBチーム35人に分けて、今日の試合に臨んだとのこと。

ちなみに愚息は、Bチームの先発右SBとして栃木SCのジュニアユースと対戦したようですが、それこそ入寮直前まで、所属していたジュニアユースの練習に休まず参加していたこともあってか、まずまず動けたらしく、監督からも直々に声をかけていただけたみたいです(笑)

2013_0331_145734_440
大会1日目スケジュール
2013_0331_145744_546
大会2日目スケジュール
2013_0331_145744_546 (2)
大会3日目スケジュール

愚息は、明日、明後日もたぶん、Bチームでのプレーが続くことになるかと思いますが、中学時代、実績のない輩は、実際のプレーでどんどんアピールしていくしかありませんし、まずは1年生チームのAに入れるよう、明日も出番があれば頑張ってほしいなーと切に願うばかりです!

続きを読む

このページのトップヘ