Pride of Yellow & Blue

[鹿島学園サッカー部父母会公認ブログ Pride of Yellow & Blue] このブログでは、『鹿島学園高校サッカー部』の活動状況について、父母会会員の皆さんへのご案内を主たる目的として、チーム・選手の動向を中心に、試合の予定や結果等も含めてご紹介しています。また、各試合で撮影させていただいた写真(Webアルバム)も父母会員の皆さま向けに公開しています。

2017年01月

先に行われました『全国高校サッカー選手権大会』の試合結果及び写真をはじめとする鹿島学園サッカー部の最近の活動記録等について「鹿島学園サッカー部 公式ホームページ」への掲載が完了いたしましたので、ご案内申し上げます。
キャプチャ

なお、新規掲載・更新を行った情報は以下の通りとなります。詳しくは
鹿島学園サッカー部 公式ホームページ」よりご確認ください。

■平成28年度 茨城県高校サッカー新人大会 最終結果掲載
■公式戦『平成28年度 茨城県高校サッカー新人大会』更新(試合結果掲載)
■公式戦『高円宮杯U-18リーグ(プリンス関東・IFA)』更新(試合結果掲載)
■第95回 全国高校サッカー選手権大会 最終結果掲載
■公式戦『平成28年度 第95回 全国高等学校サッカー選手権大会』更新(試合結果掲載)
■アルバム『平成28年度 第95回 全国高等学校サッカー選手権大会』更新(写真掲載)
■アルバム『プリンスリーグ関東2017 参入戦(2016年12月開催)』更新(写真掲載)
■公式戦『ルーキーリーグU16 関東・静岡2016 Aグループ (1部リーグ)』更新(試合結果掲載)
 
その他、「鹿島学園高等学校サッカー部の歴史」をはじめとする『チームプロフィール』も更新いたしましたので、併せてご確認の程、お願い申し上げます。

00

去る1月21日(土)に行われた「茨城県高校サッカー新人大会 準決勝 vs 鹿島高校」の試合会場にて撮影させていただきました写真をWebアルバムにアップいたしましたので、以下に当該アルバムのURL等をご案内申し上げます。

1
7
3
4
5
6
8
30
9
10
11
25
20
26

アルバム](603枚)

当日は撮影には生憎の快晴となったこともあり、光量や感度の関係で露出がオーバーした写真や粗い写真も多くなっておりますこと、お詫び申し上げますとともに何卒、ご了承のうえご覧いただけますようお願いを申し上げます。

また、アルバム内の写真の掲載順につき、一部、時系列になっていない箇所がありますこと、併せてご承知置きのうえご覧いただけますよう、重ねてお願いを申し上げます。

 
Googleフォトのアルバムから写真を保存(ダウンロード)する方法

パソコンでご覧の方は、アルバムの画面が出ましたら、画面右上にある下向きの矢印「↓」をクリックいただくと、当該アルバムにアップされているすべての画像が圧縮形式(zipファイル)でダウンロードされますので、解凍(展開)のうえ、ご活用下さい。

また、個別の写真の画面からも同様に画面右上の一番右のマークをクリックいただくと、当該画像がダウンロードできます。

* iPhoneをご使用でアルバムがうまく表示されない、画像が保存できない等の方は、Google+のアプリをダウンロードのうえ、[こちら]を参考に閲覧・保存いただけますよう、お願い申し上げます♪

* iPhoneをご使用の方は、こちらも参考になさってください→iPhoneでPICASA WEB ALBUM の写真をダウンロードする方法】(PICASA WEB ALBUMはGoogle+のアルバムと同じものですので、置き換えてお読みください)
 

茨城県高校サッカー新人大会
準決勝
1月21日(土) 10時キックオフ
鹿島ハイツ№2
鹿島学園高校 1(3PK4)
1 鹿島高校
新規ドキュメント 1_1

地元“鹿嶋市”に共に所在する2つの高校によるダービーマッチとなった準決勝──。

立ち上がりから双方の選手とも球際も厳しく、個々のデュエルも激しい好ゲームとなるなか、前半終了間際に相手選手の豪快なミドルシュートが自陣ゴールネットに突き刺さり、1点ビハインドでハーフタイムへ。

もっとも、先の2回戦の古河一戦のように自陣に押し込まれる時間帯が続くような場面もなく、チャンスの数では互角の戦いぶりに、後半での巻き返しが期待されるなか、迎えた後半8分、⑩橋口くんがループシュートで冷静に相手GKを交わしてゴールを決めると、その後もたびたび相手ゴールに迫るシーンを作り出すものの得点には至らず…選手交替を重ねながら決勝ゴールを狙いましたが、相手守備陣の頑張りもあり最後まで勝ち越し点を挙げられないままタイムアップ。

「準決勝・決勝は延長戦を行わない」という県新人大会のレギュレーションにより、勝負の行方はPK戦にゆだねられることとなりましたが、先行の鹿島学園の1人目と4人目が惜しくも外す一方、後攻の鹿島高校は4人目が失敗したものの、外せばサドンデスとなる5人目のキッカーが冷静に決め、PK戦トータル3-4で
惜敗を喫するとともに、今大会を第3位で終えることとなりました。

170121-094034_R1
170121-094436_R1
170121-094531_R1
170121-094710_R1
170121-100903_R1
170121-102109_R1
170121-103524_R1
170121-104656_R1
170121-104705_R1
170121-105342_R1
170121-112032_R1
170121-112220_R1
170121-112357_R1
170121-113124_R1
170121-113147_R1
170121-113657_R1
170121-113843_R1

ちなみに、鹿島学園を下した鹿島高校と、同時刻に隣のピッチで行われていたもう1つの準決勝で水戸啓明を破った明秀日立高校による決勝戦は、後半に1点ずつを取り合うも双方、勝ち越し点を挙げられず、大会規定により両校優勝となりました。
結果

昨年度に続く県新人大会2連覇がかなわなかったこと、残念無念の一言につきる次第ですが…一番悔しい想いをしているのは、選手の皆のはず! 新チームになってから初めての公式戦、選手権本大会に出場した関係もあり、準備期間もほとんどなかったことなど猶予すべき点は数多いかと思う一方、昨年度に続き、県内の全てのタイトルを奪取すべく、この大会に並々ならぬ想いで挑んでいた選手の皆には、この敗戦をうまく咀嚼するのは難しいかと思いますが、そんな選手の皆に、インターハイ全国ベスト16や4年ぶりの選手権本大会出場など輝かしい成績を残した前チームが唯一、県内のトーナメント戦で敗れた、昨年の関東高校サッカー大会県予選準決勝で今回と同じ鹿島高校に惜敗した際など、先輩方が過去、大一番のゲームで敗戦を喫した際、このブログに書いてきたのと同じ言葉を以下に記します。

「でも、実際に選手が何かを学ぶなら、勝った時より負けた時、敗北から学ぶことが本当に大きい。勝つことからは学べないことがある。ここ何試合か良い試合をしていたが、負けから学ぶことがある」 これは、元日本代表監督・イビチャオシム氏の言葉ですが、ゲームのなかで「通用したもの」と「通用しなかったもの」は、勝った試合よりも負けた試合のほうが明確に判るもの。 自らに「足りている部分」と「足りていない部分」と置き換えても良いと思いますが、今日で言えば80分の規定時間のなかでの戦いぶりはもとより、広島インターハイの1、2回戦、そして選手権県予選の決勝戦と、昨年度はすべて勝利してきたPK戦の戦い方や蹴り方なども含め、チームとしても個人としても、今日の敗戦から何を学び、今後にどう活かしていくか――大切なのはこの1点に尽きるはずです。 「勝ちに不思議な勝ちあり 負けに不思議な負けなし」 現・野球解説者の野村克也氏が東京ヤクルトや阪神、楽天の監督を務めていた頃、報道陣に対して試合の総括としてよく発したコメントですが、ご存じの通り、この言葉の意味は、「勝つときは、不思議な力や理屈では言い表せない要素が働くことがある一方で、負けるときは、必ず原因(敗因)があり、それは必然である。したがって、不思議な負けというものはない」というものです。 これは、スポーツでも仕事でも一緒。仕事がうまく行かないときには、うまく行かないなりの理由があります。それをきちんと振り返り、分析し、改善に努めなければ上達することはありません。理由のわからない“不思議な負け”は「ない」のです。
今日の負けは本当に残念ですが…さぁ顔を上げましょう! 誇り高い黄青戦士として闘いの中に身を置く者であるならば、たとえ敗れても、闘うことを続けるのならば、再び前を向くしかありません! この悔しさを糧に、[トップ]チームの皆さんをはじめとするサッカー部の全メンバーがより一層、大きく成長され、先輩方が昇格を勝ち取ってくれた「プリンスリーグ関東」での躍進はもとより、インターハイ予選、そして選手権予選で必ずや再び「県チャンピオン」の称号の奪還を果たして頂けるよう、心からご祈念申し上げます。

ご存じの通り、昨年度、今の3年生の代のチームは、先述の通り、関東大会県予選の準決勝で惜敗を喫したものの、続くインターハイ予選では、見事、県大会では雪辱を果たして優勝を飾ると共に、広島インターハイでは全国ベスト16に名を連ね、さらには4年ぶりの選手権県予選優勝、そして全国高校サッカー選手権出場を果たしています。

「負けこそ糧」


選手の皆自身が、今のままでは、プリンスリーグ関東もインハイ予選も選手権予選も「勝てない」と痛感したのなら、「変わる」「成長する」しかありません。

今回の負けがチームが、そして選手一人ひとりが大きく成長するきっかけとなることを期待します!
選手、監督・コーチ、さらには応援にあたられた控えメンバーの皆さんや父母会会員の皆さん、関係者の皆さん、本日も寒いなか、大変、お疲れ様でした。下を向かず、また皆で頑張ってまいりましょう!
なお、本日の準決勝で撮影させていただきました写真につきましては、画像の補正等を行った後、来週中を目処にWebアルバムにアップさせていただく所存ですので、暫しご猶予のほど、お願いを申し上げます。


茨城県高校サッカー新人大会
準々決勝
鹿島学園 7(5-0/2-0)0 日立一
 

難敵・日立第一高校との準々決勝は、前半から攻撃陣が得点を重ねるなか、最後まで失点を喫することなく7-0でタイムアップ! 見事、準決勝進出を決めました!


この結果により、次戦(準決勝)は、明日1月21日(土)の10時から、鹿島ハイツ№2グラウンドにおいて、同じく今日の順々決勝で牛久栄進高校を4-0で下した鹿島高校との[鹿島ダービー]となりました!

さらに、この準決勝に勝利した場合は、明日の14時から鹿島ハイツ№2グラウンドで行われる決勝戦へ進出することとなります(相手は、水戸啓明 vs 明秀日立の勝者)。

選手、監督・コーチ、応援にまわった控え選手のみんな、さらには試合を観戦された父母会会員の皆さん、その他関係者の皆さま、本日も極寒のなか大変、お疲れ様でした!

引き続きのご声援、よろしくお願い申し上げます!


その他、本日行われました準々決勝全試合の結果と明日の予定は以下の通りとなります。

■準々決勝結果
県協会速報より) 鹿島学園 7(5-0,2-0)0 日立一 牛久栄進 0(0-2,0-2)4 鹿島 水戸桜ノ牧 0(0-1,0-3)4 水戸啓明 波崎柳川 0(0-1,0-1)2 明秀日立

■準決勝予定
1月21日(土)10時キックオフ
鹿島ハイツ№2
鹿島学園 vs 鹿島
鹿島ハイツ№4
水戸啓明 vs 明秀日立

■決勝(1/23)予定
14時キックオフ
鹿島ハイツ№2にて

準々決勝終了

準決勝の[鹿島ダービー]から予断を許さない戦いを強いられることは必至かと存じますが…
明日の試合でピッチに立つ選手のみんなには、輝かしい伝統を受け継ぐ黄色と青のユニフォームに袖を通す“選ばれし者”としての誇りと自信を胸に、堂々とした戦いを見せていただきたいところ。
まずは、ベンチ入りメンバーの皆が今日の試合の疲れを癒やし、引き続き明日の試合を心身共にベストの状態で迎えられるようご祈念申し上げますと共に、トップ]チームの選手、監督並びにコーチングスタッフの皆さんには、いつもの公式戦同様、まずは一戦必勝の構えで鹿島高校さんとの準決勝に勝利されることをご期待申し上げますとともに、熱い応援でチームを勇気づける、控えメンバーの皆さん、父母会会員の皆さま、さらには関係者の皆さまのますますのご盛栄、ご活況を心よりお祈り申し上げます!

そして…昨年度に続く、2年連続での県新人大会のタイトル獲得を心よりご期待申し上げます。

みんな、頑張れー♪


なお、私の方、明日は鹿島ハイツに撮影にまいる所存ですが、仕事の関係で準決勝を勝ち上がった場合の決勝戦は撮影することが叶いませんこと、予めご案内申し上げます。どうぞ、ご了承下さい。  
また、明日は、鹿島学園高校の一般入試が行われるため、昨年の大会最終日と同様、ベンチ入りできるコーチングスタッフは鈴木監督お一人になるかと存じます(他のコーチ陣は入試の試験官等のため不在予定です)。父母会会員のみなさまには、併せて、ご承知置き下さい。
 

明日1月20日(金)は、「茨城県高校サッカー新人大会」準々決勝の開催日!

既報の通り、鹿島学園は、鹿島ハイツ№2グラウンドにて午前11時より、日立第一高校と対戦します。

既報の通り、先週土曜日の古河第一高校との2回戦は、後半立ち上がりとタイムアップ間近という効果的な時間帯に2点を挙げての勝利となったものの、内容的には試合の立ち上がりから相手の鋭い出足に押し込まれ、守勢の時間帯が続く厳しいゲームだったことは否めない事実…。

さらに、準々決勝の対戦相手である日立第一高校は、昨冬の選手権予選でも3回戦で強豪・水戸商に勝利すると、続く順々決勝では準優勝校の明秀日立ともPK戦までもつれ込む互角の戦いを繰り広げるなど素晴らしい戦いぶりでしたし、今大会でも1回戦では東洋大牛久、2回戦では常総学院と、県内各大会ではいつも上位に名を連ねるチームを下してきていることに鑑みても、明日のゲームがさらに厳しい戦いになることは衆目の一致するところかと思いますが…その一方では、4年ぶりの選手権本大会出場を果たしたことで、現2年生を中心とする新チームづくりにも例年になく遅れが生じるなか、今大会の1、2回戦で苦しい戦いを勝ちきった経験によって、チームとしても選手個人としても、鹿島学園の新チームが大きな成長を遂げてきているようにも思う次第!

プリンスリーグ関東への昇格が決まったことで、2017年度に[トップ]チームが県内のチームと公式戦で対戦する機会は、インターハイ予選と選手権予選の2回のみに限られるなか、これまで対戦してきた水戸商、古河一と同様、明日の対戦相手である日立第一は、両トーナメントの大事な場面で対戦することになるであろう相手なだけに、新チーム同士、最初の公式戦での対戦となる明日の準々決勝は、是が非でも勝利しておきたいところかと存じます。

1回戦同様、平日開催となることもあり、選手のご家族の皆さんもなかなか観戦にはお出でになれないかと思いますが、[トップ]チームの選手、監督並びにコーチングスタッフの皆さんには、1,2回戦と同様、総力を結集し、一戦必勝の構えで日立第一高校に勝利されることをご期待申し上げますとともに、熱い応援・サポートでチームを勇気づける、控えメンバーの皆さん、父母会会員の皆さま、さらには関係者の皆さまの益々のご盛栄、ご活況を心よりお祈り申し上げます!


茨城県高校サッカー新人大会 準々決勝
1/20(金)
全試合11時キックオフ

鹿島ハイツ№2
鹿島学園 vs 日立一
卜伝A
牛久栄進 vs 鹿島
卜伝B
水戸桜ノ牧 vs 水戸啓明
鹿島ハイツ№4
波崎柳川 vs 明秀日立
 
2回戦終了

DSC_0647

去る1月14日(土)に行われた「茨城県高校サッカー新人大会 2回戦 vs 古河一」の試合会場にて撮影させていただきました写真をWebアルバムにアップいたしましたので、以下に当該アルバムのURL等をご案内申し上げます。

1
7
3
4
5
6
8
30
9
10
11

アルバム](514枚)

当日は生憎の曇天となったこともあり、光量や感度の関係で粗い写真が大半となっておりますこと、お詫び申し上げますとともに何卒、ご了承のうえご覧いただけますようお願いを申し上げます。

また、アルバム内の写真の掲載順につき、一部、時系列になっていない箇所がありますこと、併せてご承知置きのうえご覧いただけますよう、重ねてお願いを申し上げます。

その他、開催日当日の夜に撮って出しで公開させていただきました「第95回 全国高校サッカー選手権大会 開会式」にて撮影させていただいた写真につき、改めて色補正等を行った画像を収録したWebアルバムをアップしましたので、以下より御確認いただけますと幸いです。

DSC_6125

アルバム(390枚)

 
Googleフォトのアルバムから写真を保存(ダウンロード)する方法

パソコンでご覧の方は、アルバムの画面が出ましたら、画面右上にある下向きの矢印「↓」をクリックいただくと、当該アルバムにアップされているすべての画像が圧縮形式(zipファイル)でダウンロードされますので、解凍(展開)のうえ、ご活用下さい。

また、個別の写真の画面からも同様に画面右上の一番右のマークをクリックいただくと、当該画像がダウンロードできます。

* iPhoneをご使用でアルバムがうまく表示されない、画像が保存できない等の方は、Google+のアプリをダウンロードのうえ、[こちら]を参考に閲覧・保存いただけますよう、お願い申し上げます♪

* iPhoneをご使用の方は、こちらも参考になさってください→iPhoneでPICASA WEB ALBUM の写真をダウンロードする方法】(PICASA WEB ALBUMはGoogle+のアルバムと同じものですので、置き換えてお読みください)
 

昨年末の12月25日(日)から5日間にわたって開催された『横山杯 第17回 全国ユース招待サッカー大会』並びに『第21回 毎日新聞社杯争奪 波崎ユースカップ』に出場した鹿島学園の各チームの大会4日目及び最終日の結果等について、以下にご紹介させていただきます。


[Bチーム]→波崎ユース(カテゴリーⅠ)

カテゴリーⅠ 決勝リーグ[GROUP.4] 第3位
0001
12/28(水)

鹿島学園 1-5 東福岡
鹿島学園 0-3 東京学館

ファイナルマッチ
0002
12/29(火)
鹿島学園 2-1 野洲


[Cチーム]→横山杯(1st トップ Division)

1stトップ Division 決勝第1グループ 第2位
0003
12/28(水)

鹿島学園 7-0 法政二高
鹿島学園 0-1 市立船橋
12/29(木)
鹿島学園 0-1 実践学園


[Cチーム]→横山杯(2nd Division)

2nd Division 
順位リーグ第5グループ
0004
12/28(水)
鹿島学園 2-1 成東
鹿島学園 2-4 日南学園
12/29(木)
鹿島学園 3-0 市立浦和


[Dチーム]→波崎ユース(カテゴリーⅡ)

カテゴリーⅡ 決勝リーグ[GROUP.1] 第1位
0005
12/28(水)

鹿島学園 2-0 成徳深谷
鹿島学園 2-2 成立学園
12/29(木)
鹿島学園 3-1 東邦

優勝決定戦
12/29(火)
鹿島学園 2-1 高崎
カテゴリーⅡ 優勝


*波崎ユースカップの詳細は→[主催者サイト]にてご確認下さい。
*横山杯の詳細は→[主催者サイト]にてご確認下さい)。
 

『第21回 毎日新聞社杯争奪 波崎ユースカップ』の「カテゴリーⅡ」に参加したDチームが見事、優勝を果たしたほか、『横山杯 第17回 全国ユース招待サッカー大会』の最上位カテゴリーである「1stトップDivision」に参加したCチームも、惜しくも決勝進出こそならなかったものの、決勝第1グループで第2位(大会に出場する全チームのなかで、決勝進出の2チームに次ぐ順位)という好成績を納めるなど、各チームとも5日間の長きにわたり、しっかりと戦い抜いてくれました。

選手、監督・コーチ、さらには大会期間中、現地にて試合を観戦された保護者の皆さん、連日の厳しいコンディションのなか、大変、ご苦労様でございました。

また、今回が最後の大会出場 となった、選手権登録メンバー以外の3年生の皆さん、本当にお疲れ様でした!

併せて、結果のご案内が遅くなりましたこと、お詫び申し上げます。 

茨城県高校サッカー新人大会
2回戦 鹿島ハイツ№2会場  第2試合(13:30~)
鹿島学園 2-0 古河一
 
得点:⑪富岡×2

PK戦までもつれた水戸商との1回戦に辛勝し、迎えた古河一高との2回戦──。寒空の下、相手ボールでキックオフされた試合は、立ち上がりから相手の鋭い出足に翻弄され、終始、自陣に押し込まれる厳しい時間が続く展開に…。


右サイドを中心とした攻撃でチャンスを狙うも、なかなか良い形でラストパスが入らず、セカンドボールもほぼ競り負ける苦しい状況のなか、それでも全員が身体を張った守備で辛うじて相手に得点を許さず、スコアレスでハーフタイムへ。

それこそ、雨あられのように古河一攻撃陣のシュートを浴びる一方で、こちらのシュート数は前半終了間際の1本のみと、完全に相手ペースの試合内容に「これは厳しいなぁ…」と私自身も思った次第でしたが、ハーフタイムでベンチの檄を受けた選手たちは、後半の立ち上がりからギアを1段アップしたかのようにピッチを躍動!

後半2分、右サイドを突破した石田君のクロスに富岡君がドンピシャのヘディングで合わせて先制すると、その後も前半とは打って変わって良い形でボールを持てるようになるなか、後半34分には飯塚君の右コーナーキックから再び富岡君がヘディングシュートを相手ゴールに叩き込み、追加点をゲット!

その後は、選手交替を繰り返しながら、形勢逆転を狙う古河一の攻撃にひやっとする場面も見受けられましたが、最後までゴールを許さず、トータル2-0でタイムアップ! 見事、来週金曜日に予定される準々決勝進出を決めました!

170114-131550_R1
170114-131708_R1
170114-131823_R1
170114-132754_R1
170114-135833_R1
170114-140427_R1
170114-141128_R1
170114-141454_R1
170114-141455_R1
170114-141456_R1
170114-141457_R1
170114-141458_R1
170114-142736_R1
170114-144544_R1
170114-144547_R1
170114-144548_R1
170114-144554_R1
170114-145407_R1
170114-145624_R1
170114-150007_R1

なお、来る1月20日(金)、本日と同じ、鹿島ハイツ№2において11時より行われる準々決勝では、本日の常総学院との2回戦で、延長戦を経て2-2の同点から迎えたPK戦を4-1で制した日立第一高校と対戦することになりました。
選手、監督・コーチ、応援にまわった控え選手のみんな、さらには試合を観戦された父母会会員の皆さん、その他関係者の皆さま、本日も寒いなか大変、お疲れ様でした!

引き続きのご声援、よろしくお願い申し上げます!


その他、本日行われました2回戦全試合の結果と準々決勝の予定は以下の通りとなります。

■2回戦結果
鹿島学園 2(0-0,2-0)0 古河一 常総学院 2(0-1,2-1/延長0-0/PK1-4)2 日立一 牛久栄進 4(1-0,3-0)0 勝田 土浦一 1(0-4,1-1)5 鹿島 水戸桜ノ牧1(1-1,0-0/延長0-0/PK4-3)1常磐大高 中央 0(0-4,0-1)5 水戸啓明 波崎柳川 1(0-0,1-0)0 麻生 水戸葵陵 0(0-0,0-1)1 明秀日立

■準々決勝(1/20)予定
全試合11時キックオフ

鹿島ハイツ№2
鹿島学園 vs 日立一
卜伝A
牛久栄進 vs 鹿島
卜伝B
水戸桜ノ牧 vs 水戸啓明
鹿島ハイツ№4
波崎柳川 vs 明秀日立
 
2回戦終了

茨城県高校サッカー新人大会
準々決勝 1月20日(金)
鹿島ハイツ№2会場  11:00
鹿島学園 vs 日立一
 
引き続きのご声援、よろしくお願い申し上げます! *本日、撮影させていただきました写真につきましては、画像の補正等を行った後、来週前半を目処にWebアルバムにアップさせていただく所存ですので、暫しご猶予下さい。

茨城県高校サッカー新人大会
1回戦 鹿島ハイツ№2会場  第2試合(13:30~)
鹿島学園 1(5PK4)1 水戸商
 
C2CDwilUkAItQeY

新チームになって迎えた最初の公式戦──古豪・水戸商との1回戦は、主導権を掴みながら、なかなかゴールを奪えないままに前半を終えると、後半20分すぎに相手のハンドで得たPKを飯塚君が決めて先制するも、後半30分に相手コーナーキックから失点し、スコアは振り出しに…。

その後、規定の80分、さらには10分ハーフの延長戦も両チームとも得点には至らず、勝負の行方はPK戦にもつれ込むこととなりましたが、広島インターハイの1、2回戦や選手権予選の県決勝など、PK戦では無敵の強さを誇った現3年生世代と同様、1人も外すことなく5人全員が決めた鹿島学園が5-4でこのPK戦を制し、2回戦進出を決めました!


なお、次戦(2回戦)は明日1月14日(土)、本日と同じ、鹿島ハイツ№2において13:30より古河第一高校と対戦することになりました。
選手、監督・コーチ、応援にまわった控え選手のみんな、さらには試合を観戦された父母会会員の皆さん、その他関係者の皆さま、本日も寒いなか大変、お疲れ様でした!

引き続きのご声援、よろしくお願い申し上げます!


その他、本日行われました1回戦全試合の結果と2回戦の予定は以下の通りとなります。


■1回戦結果
鹿島学園 1(0-0,1-1/延長0-0/PK5-4)1 水戸商 古河一 4(2-0,2-0)0 鉾田一 常総学院 4(2-0,2-0)0 多賀 東洋大牛久 0(0-0,0-1)1 日立一 佐和 2(2-2,0-1)3 牛久栄進 水海道一 0(0-1,0-1)2 勝田 水戸工 0(0-0,0-0/延長0-0,0-1)1 土浦一 下妻二 0(0-1,0-1)2 鹿島 水戸桜ノ牧 2(1-0.1-0)0 日立商 常磐大高 2(1-0,1-0)0 下館工 総和工 0(0-1,0-1)2 中央 藤代 0(0-2,0-1)3 水戸啓明 波崎0(0-1,0-1)2 波崎柳川 麻生1(0-0,1-0)0 日立工 水戸葵陵 3(1-2,1-0/延長0-0,1-0)2 古河三 水城 1(0-2,1-5)7 明秀日立 


■2回戦(1/14)予定
①11:00②13:30
鹿島ハイツ№2
①牛久栄進 vs 勝田
鹿島学園 vs 古河一
鹿島ハイツ№3
①波崎柳川 vs 麻生 ②水戸桜ノ牧 vs 常磐大高

鹿島ハイツ№4
中央 vs 水戸啓明 ②土浦一 vs 鹿島 セキショウ ①常総学院 vs 日立一 ②水戸葵陵 vs 明秀日立
1回戦終了

いよいよ明日1/13(金)「平成28年度 茨城県高校サッカー新人大会」が開幕! われらが鹿島学園サッカー部は、13時半より鹿島ハイツ№2グラウンドにて、水戸商業との1回戦を迎えます。
000001

平成28年度 茨城県高校サッカー新人大会 1回戦 2017年1月13日(金) 鹿島ハイツ№2グラウンド 13:30キックオフ 鹿島学園 vs 水戸商業

悲願の全国高校サッカー選手権大会出場をはじめ、広島インターハイでの全国ベスト16、さらには県内4冠(新人大会、インターハイ予選、選手権予選、県1部リーグ)を達成した、現3年生を中心としたチームからバトンを受け継ぐ、新チームがいよいよ始動する2017年最初の公式戦――。 昨年度は、現3年生を中心としたチームが見事、3年ぶりの優勝を飾ってくれたわけですが、4年ぶりの選手権本大会出場を果たした関係もあり、今大会に臨む現2年生を中心とするチームづくりは、ここ数年と比較しても必然的に遅延している次第であり、一方で、明日の対戦相手である水戸商さんをはじめとする各校が年末のフェスティバルなどへの参加等を通じて十分な準備を重ねている状況を勘案しても、今年度の県新人大会は例年以上に初戦から予断を許さない戦いを強いられる可能性が高いように感じる次第ですが…新生[トップ]チームの選手、監督並びにコーチングスタッフの皆さんには、いつもの公式戦同様、一戦必勝の構えで水戸商さんに勝利されることをご期待申し上げますとともに、熱い応援でチームを勇気づける、控えメンバーの皆さん、父母会会員の皆さま、さらには関係者の皆さまの益々のご盛栄、ご活況を心よりお祈り申し上げます! ちなみに…私の方、明日の1回戦に勝利した場合、明後日の2回戦の応援&撮影にうかがわせていただく予定です。選手の皆さん、父母会会員の皆さまには、何卒、ご了承を賜れますよう、よろしくお願いを申し上げます。

既にご承知の皆さまも多いことと存じますが、このたび鹿島学園高校サッカー部の新体制が発表され、新チームのキャプテン、副キャプテンは以下の通りとなりましたので、ここにご案内申し上げます。

キャプテン
梶野 航平(東京・
クリアージュFC出身)

副キャプテン 
飯塚 寿輝也(
茨城・鹿島アントラーズJrユース出身)
橋口 凛樹(茨城・鹿島中出身)
対馬 佳祐
(茨城・鹿島中出身)
水野 志乃哉
茨城・水戸ホーリーホックJrユース出身) 

父母会会員の皆さま、OB並びにOBの保護者の皆さま、さらにはサッカー部後援会の皆さまをはじめとする関係者の皆さま方におかれましては、倍旧のご指導、ご支援、ご声援、ご厚情を賜れますよう、何卒、宜しくお願い申し上げます。
 


DSC_0467

去る1月2日(月)に行われた「第95回 全国高校サッカー選手権大会 2回戦 vs 東海大仰星」の試合会場にて撮影させていただきました写真をWebアルバムにアップいたしましたので、以下に当該アルバムのURL等をご案内申し上げます。


DSC_8902DSC_9343DSC_9301
DSC_8872DSC_9314DSC_9413
DSC_8988DSC_9546
DSC_9388
DSC_9266
DSC_9280DSC_0301
DSC_0265

アルバム](1156枚)

逆光になった後半の画像を中心に、光量や感度の関係で粗い写真が大半となっておりますこと、お詫び申し上げますとともに何卒、ご了承のうえご覧いただけますようお願いを申し上げます。

また、アルバム内の写真の掲載順につき、一部、時系列になっていない箇所がありますこと、併せてご承知置きのうえご覧いただけますよう、重ねてお願いを申し上げます。

 
Googleフォトのアルバムから写真を保存(ダウンロード)する方法

パソコンでご覧の方は、アルバムの画面が出ましたら、画面右上にある下向きの矢印「↓」をクリックいただくと、当該アルバムにアップされているすべての画像が圧縮形式(zipファイル)でダウンロードされますので、解凍(展開)のうえ、ご活用下さい。

また、個別の写真の画面からも同様に画面右上の一番右のマークをクリックいただくと、当該画像がダウンロードできます。

* iPhoneをご使用でアルバムがうまく表示されない、画像が保存できない等の方は、Google+のアプリをダウンロードのうえ、[こちら]を参考に閲覧・保存いただけますよう、お願い申し上げます♪

* iPhoneをご使用の方は、こちらも参考になさってください→iPhoneでPICASA WEB ALBUM の写真をダウンロードする方法】(PICASA WEB ALBUMはGoogle+のアルバムと同じものですので、置き換えてお読みください)
 

DSC_7522

去る12月31日(土)に行われた「第95回 全国高校サッカー選手権大会 1回戦 vs 高川学園」の試合会場にて撮影させていただきました写真をWebアルバムにアップいたしましたので、以下に当該アルバムのURL等をご案内申し上げます。


DSC_7822DSC_7599DSC_8442
DSC_8248DSC_7985
DSC_7629
DSC_7561
DSC_7611
DSC_7801
DSC_6978
DSC_7842
DSC_8086
DSC_8224
DSC_8436

アルバム](1182枚)

特に逆光になった前半の画像を中心に、光量や感度の関係で粗い写真が大半となっておりますこと、お詫び申し上げますとともに何卒、ご了承のうえご覧いただけますようお願いを申し上げます。

また、アルバム内の写真の掲載順につき、一部、時系列になっていない箇所がありますこと、併せてご承知置きのうえご覧いただけますよう、重ねてお願いを申し上げます。

なお、1月2日(月)に行
行われた「第95回 全国高校サッカー選手権大会 2回戦 vs 東海大仰星」の試合会場にて撮影させていただきました写真につきましては、来週中頃を目処にWebアルバムの公開を予定しております。Webアルバムのアップが完了しましたら、当ブログでもご案内させていただきますので、暫しご猶予の程、お願いを申し上げます。
 
Googleフォトのアルバムから写真を保存(ダウンロード)する方法

パソコンでご覧の方は、アルバムの画面が出ましたら、画面右上にある下向きの矢印「↓」をクリックいただくと、当該アルバムにアップされているすべての画像が圧縮形式(zipファイル)でダウンロードされますので、解凍(展開)のうえ、ご活用下さい。

また、個別の写真の画面からも同様に画面右上の一番右のマークをクリックいただくと、当該画像がダウンロードできます。

* iPhoneをご使用でアルバムがうまく表示されない、画像が保存できない等の方は、Google+のアプリをダウンロードのうえ、[こちら]を参考に閲覧・保存いただけますよう、お願い申し上げます♪

* iPhoneをご使用の方は、こちらも参考になさってください→iPhoneでPICASA WEB ALBUM の写真をダウンロードする方法】(PICASA WEB ALBUMはGoogle+のアルバムと同じものですので、置き換えてお読みください)
 

第95回 全国高校サッカー選手権
2回戦 1月2日(月)12時05分 ニッパツ三ツ沢球技場
鹿島学園 0-1 東海大仰星

失点:80分

1回戦同様、冬晴れの暖かな日射しが差し込む絶好のコンディションのもと、予定通り12:05にキックオフされた全国高校サッカー選手権大会の2回戦・大阪府代表の東海大仰星高校との一戦は、1回戦で2得点を挙げたエース上田君が、その試合中に受傷したケガの影響で先発を回避せざるを得ない厳しい状況も相まって、序盤から相手の鋭い出足にたびたび自陣深くまで押し込まれるシーンが続く、苦しい展開に…。

それでも上田君の代わりにFWに入った橋口君をはじめとする攻撃陣が時折、相手ゴール前に迫る一方、ディフェンス陣も身体を張った守備で相手の攻撃を水際で食い止め、スコアレスのままハーフタイムを迎えることとなりましたが、サイドが替わった後半も劣勢の時間帯が続く状況は変わらず。

流れを変えたいベンチは後半20分、ついにエース上田君と初戦でその上田君の同点ゴールをお膳立てした島村君の“アントラーズノルテ”コンビを投入。後半35分には島村くんが上げた左からのクロスをファーサイドから上田くんが競り合いながら惜しいヘディングシュートを放つなど、チャンスも少なからず作り出せるようになったものの、依然、得点には至らず。

残り時間もほぼなくなり、「このままPK戦かな…」「PK戦なら絶対勝てる!」と私自身、カメラのファインダー越しに頑張り続ける選手たちを追いかけながら、思い始めていた次第ですが…そんな矢先、迎えた後半40分、カウンターから自陣右サイドを崩されると、最後は自陣左サイドへ送られた横パスに対応できず、痛い失点…。その後のアディショナルタイムに最後の反撃を試みましたが、ついぞ相手ゴールを破れず、トータル0-1でタイムアップ。残念ながら、ベスト16進出はならず、今大会を終えることとなりました…。
本当に本当に悔しい結果となりましたが…夏の広島インターハイ、さらには選手権県予選でも大活躍だった岡部君がケガで今大会への出場が叶わず、さらにエースの上田君までもが今日の2回戦ではケガで満足なパフォーマンスを発揮できないなか、シュート数こそ1対15と相手に完全に上回られたものの、79分間、我慢強く相手の猛攻を跳ね返し続けた選手たちの頑張りは賞賛に値すると思いますし、初戦の緊張からか堅さの目立った1回戦と比べても、熱い魂をヒシヒシと感じたナイスゲームだったと思います。

特に3年生の選手たちには悔しさも募るラストゲームとなったかと思いますが…4年ぶりの全国高校サッカー選手権大会で鹿島学園の名を全国に轟かせた偉業は色あせることはありません。胸を張って鹿嶋へ、地元へご帰還ください。

また、夢の続きを託された2年生、1年生の後輩たちには、今日の先輩たちの涙を胸に刻み、来る1月13日(金)に開幕する県高校新人大会での優勝を目指し、再び前を向いて走り出していただきたいと存じます!

◆公式記録
m190001

◆2回戦終了時点でのトーナメント表
Tournament0001

*その他、本日行われた1回戦各試合の結果・詳しい情報等は、日本サッカー協会のホームページに設けられた特設ページを御確認下さい→[こちら

*ゲキサカの記事「
MF見野が劇弾!東海大仰星が3回戦へ、負傷のFW上田を途中投入も…鹿島学園はシュート1本で敗退」は→[こちら

*ゲキサカの記事「
故障の影響で途中出場、鹿島学園FW上田綺世「自分が情けない」」は→[こちら

*日刊スポーツの記事「
鹿島学園、好機作れず敗退 鈴木監督「出直します」」は→[こちら

*ゲームハイライト動画(日テレ公式)は→[こちら

170102-113139_R1
170102-114752_R1
170102-114823_R1
170102-114937_R1
170102-114956_R1
170102-115340_R1
170102-115635_R1
170102-120220_R1
170102-120617_R1
170102-122428_R1
170102-122859_R1
170102-123927_R1
170102-125343_R1
170102-125445_R1
170102-131838_R1
170102-132721_R1
170102-132814_R1
170102-133241_R1
170102-133235_R1
 
選手、監督・コーチの皆さん、応援にまわった控え選手の皆、さらには試合を観戦された父母会会員の皆さん、その他関係者の皆さま、本日は大変、お疲れ様でした。また、3年生の保護者の皆様には、3年間、父母会活動へご協力、ご尽力を賜り、心より御礼を申し上げます。ありがとうございました! *本日、撮影させていただきました写真につきましては、先の1回戦分と併せ、画像の補正等を行ったのちに今週中を目処にWebアルバムにアップさせていただく所存ですので、暫しご猶予下さい。


明日の全国高校サッカー選手権大会2回戦にあたり、鹿島学園サッカー部の父母会会員の皆さまの当日の集合時間等につきましては、昨日の1回戦と同様、以下の通りとなりますので、よろしくお願い申し上げます。

■集合時間:1/2(月)午前9時30分
*父母会役員は9時に集合。作業分担、段取り等の確認を実施
*父母会ブースでのOB等へのチケット配布などの受付開始時間は午前10時を予定 

■場所:ニッパツ三ツ沢球技場 バックスタンド入り口付近
三ッ沢競技場ブース候補場所
バックスタンドの入り口位置DSC_6485
DSC_6483

明日の2回戦にも、サッカー部及び父母会のOBの皆さん、後援会会員の皆さま、その他、関係者の皆さまが数多く応援に来場されることが見込まれますが、昨日の1回戦に引き続き、こうした皆さまの受付、チケット配布、応援グッズの貸し出し、誘導、観客席の確保等につきましては、父母会会員全員で、協力して対応いただくこととなります。

明日の2回戦にご来場予定の父母会会員で、こうした活動にご協力を頂ける皆様には、午前9時半に昨日の1回戦と同様、ニッパツ三ツ沢球技場バックスタンド入り口付近に集合いただけますよう、宜しくお願い申し上げます!
 
その他、明日の父母会会員の観戦につきましては、引き続き、スタジアム内の選手応援団脇に応援席が設けられますので、まとまってご着席をいただきます。係の誘導に従って決められたエリアにご着席をいただきますよう、ご協力のほどお願いいたします。

また、父母会会員の皆さまには当日、ブルゾン、ポロシャツ、レプリカシャツ、タオルマフラー等の応援グッズを必ず着用願います。

父母会受付でも応援グッズ(マフラー)の販売が行われますので、当日、お買い求めいただくことも可能です(テディベアをお持ちの方は是非、ご持参ください♪ スタンドを賑やかにいたしましょう)。

応援団に廻る選手たちも声を嗄らして全力で応援にあたります。県予選決勝と同様、父母会の皆さまにも1回戦に引き続き、指定されたエリアの応援席にて観戦・応援をいただけますよう、御協力をお願いします。

父母会役員や3年生の保護者はもとより、2年生、1年生の保護者の皆さまにも奮ってご協力を賜れますと幸いです。

チームの2回戦突破を願い、一致団結してサポートして参りましょう!


観戦をご予定のサッカー部OB並びにOBの保護者、ご家族の皆様へ

既報の通り、鹿島学園が出場する今大会の各試合の観戦チケットにつきましては、サッカー部OB並びにOBの保護者、ご家族の皆様分に限り、サッカー部父母会がご用意させていただきます。当日、各会場に設置される父母会の応援受付にお出でいただき、ご記名のうえお受け取りください(明日はニッパツ三ツ沢球技場 バックスタンド入り口付近で10時~11時55分まで受付)。

なお、OBのご親族以外の方(彼女やご友人など)につきましては、チケット配布の対象外となりますが、父母会デスクでも入場券を購入いただけますので、併せて、宜しくご承知置き下さいますよう、重ねてお願いを申し上げます。

あけましておめでとうございます。

皆さまにおかれましては健やかに新年をお迎えのこととお慶び申し上げます。

まずは、昨日の選手権1回戦での勝利により、鹿島学園サッカー部に縁のあるすべての皆様が新しい年を笑顔で迎えることができましたこと、本当に嬉しく存じます。

鹿学ファミリーの末席に加えていただいて4年目を迎えた昨年は、愚息が鹿島学園高校を卒業した3月以降も、選手の皆の活躍、さらには監督・コーチ、父母会の皆さまより賜りましたご厚情により、1年間を通じて本当に沢山の素晴らしい経験に恵まれました。心より、御礼を申し上げます。

また、日頃より、このブログをご覧いただいている皆さまにも本当にお世話になり、誠にありがとうございました。

昨年は、県新人大会、インターハイ予選、県1部・2部・3部リーグ、さらには選手権予選での優勝もとより、プレミア王者の青森山田を土壇場まで追い込んで全国ベスト16入りを果たした広島インターハイ、そして劇的な逆転勝利で明日の2回戦進出を決めた全国高校サッカー選手権大会など、鹿島学園サッカー部の大躍進を身近で拝見することができ、本当に嬉しい1年となりましたが、2017年も名将 鈴木雅人監督のもと、間近に迫った新人大会はもとより、プリンスリーグ関東、県リーグ、インターハイ予選、そして選手権予選での優勝を現2年生、1年生を中心とする後輩たちが達成してくれること、心より祈念しております。

私自身、今年もサッカー部オフィシャルサイト、並びに当ブログの更新、さらには試合時の写真撮影等にも引き続き微力ながら取り組んで参る所存ですので、本年もどうぞ宜しくお願いいたします!

鹿島学園サッカー部の選手、監督、コーチ、父母会の皆さま、さらにはOB、後援会の皆さまをはじめとする関係者の皆さま方におかれましては、新しい年も変わらぬご指導、ご鞭撻、ご厚情を賜れますよう、重ねてお願い申し上げます。
161231-133316_R111

第95回 全国高校サッカー選手権 1回戦 鹿島学園 2-1 高川学園 ゲームハイライト→[こちら
 

このページのトップヘ