鹿島学園サッカー部父母会公認ブログ Pride of Yellow & Blue

[鹿島学園サッカー部父母会公認ブログ Pride of Yellow & Blue] このブログでは、『鹿島学園高校サッカー部』の活動状況について、父母会会員の皆さんへのご案内を主たる目的として、チーム・選手の動向を中心に、試合の予定や結果等も含めてご紹介しています。また、各試合で撮影させていただいた写真(Webアルバム)も父母会員の皆さま向けに公開しています。

2017年09月

流経大柏高校をはじめとする全国の強豪チームが集まり、毎年、この時期に行われている、adidas Japanと流通経済大学が主催するユース年代のサッカーフェスティバル『ADIDAS CUP 2017 in TOKYO』が、本日9月29日(金)~10月1日(日)の期間、茨城県の「RKUフットボールフィールド」などで開催されます。

鹿島学園サッカー部も例年同様、トップチームが参加することとなっておりますので、スケジュール等について以下にご案内を申し上げます。

なお、ご案内の内容は主催者発表のものとなっておりますが、諸般の事情で開始時間、開催場所等が直前に変更されることも考えられますので、観戦をご予定の父母会会員の皆さまには、お手数ですが都度、各自、ご子息へご確認をいただけますよう、よろしくお願いを申し上げます。

■スケジュール(鹿島学園の試合分のみ掲載)
 
9/29(金)
①14:00~RKU FTBフィールド②
 vs 開志JSC
 
9/30(土)
②09:00~RKU FTBフィールド②
 vs 興國高校
③12:20~流経大G
 vs 羽黒高校
 
10/1(日)
④09:00~RKU FTBフィールド①
 vs 帝京第三
 
■メンバーリスト
▽GK
1 稲津右京(3年)
12 平田廉(3年)
21 笹本剛太(1年)
 
▽DF
2 水野志乃哉(3年)
3 神太一(3年)
4 對馬佳祐(3年)
5 井上瑠(3年)
13 向山裕麻(3年)
17 池田彪真(2年)
22 佐藤悠(2年)
29 羽田黎弥(2年)
16 倉持敦(3年)
23 五味渕旭(1年)
 
▽MF
6 深貝陸(3年)
7 梶野航平(3年)
8 飯塚寿輝也(3年)
15 高橋大(3年)
19 須田千聖(3年)
20 柳田慈英(3年)
14 森将弥(3年)
 
▽FW
9 富岡大智(3年)
10 橋口凜樹(3年)
11 金原朝陽(2年)
24 橋本優(3年)
32 高柳朗(3年)
18 橋口永羽(1年)


9月23日(土)、24日(日)に行われました鹿島学園高校サッカー部の公式戦の試合結果を以下にご案内申し上げます。

Aチーム
プリンスリーグ関東 第14節
9月23日(土)11時キックオフ(前橋育英グラウンド
鹿島学園A 0(0-0/0-2)2 前橋育英 
失点:3分、54分
DKZTwwvVwAEVhlH
* プリンス関東の試合結果(後期)は《こちら
* プリンス関東の順位表は《こちら
キャプチャ

Bチーム
IFA 県1部リーグ 第18節 9月23日(土)11時キックオフ(鹿島学園グラウンド)
鹿島学園B 3(2-0/1-2)2 鹿島A
* 県1部リーグ(後期)の全試合結果は《こちら
* 県1部リーグの順位表は《こちら
2017takamado_U18_IFA_1_league09250001

Cチーム
IFA 県2部リーグ 第18節 9月23日(土)13時半キックオフ(石滝サッカー場)
鹿島学園C 4(1-0/3-1)1 日立第一A
* 県2部リーグ(後期)の全試合結果は《こちら
* 県2部リーグの順位表は《こちら
2017takamado_U18_IFA_2_league09250001

プリンスリーグ第14節、前橋育英高校
とのアウェイ戦に挑んだトップチームは、前半立ち上がりに失点を喫すると、サイドが替わった後半の序盤にも追加点を献上…。キャプテン梶野くんが2枚目の警告で退場となった後は、しっかりとした守備ブロックで相手の攻撃をよく凌ぎきりましたが、トータル0対2でタイムアップとなり、残念ながら勝ち点を積み上げることはできませんでした。

2対22というシュート数からも、かなり厳しいゲームとなったことは十分、うかがえますし、私自身、格上の相手との戦いが続くプリンスリーグ関東での出来事であることは勘案すべきとも思いますが、この試合でも露呈した前後半の立ち上がり10分までの失点をいかに抑えるかは、来る選手権予選を占う意味でも大きな課題…。

よく言われる、立ち上がりの“ふわっとした時間帯”での失点の要因は、技術的なことだけではないかと思う次第ですが…今週末、プリンス関東のリーグ戦は一端、お休みとなりますし、選手権予選による中断期間前、最後の試合となる来週末のヴェルディユース戦に向けて、
トップチームの選手の皆には日々のトレーニングや健康管理への注力はもとより、ケガのケア等も含めた心身のリフレッシュをしっかり図っていただければ幸いです!

一方、最終節を迎えた県リーグでは、Bチームが来る選手権予選でも全国出場を争うライバルの1つになるであろう、インハイ予選準優勝の鹿島高校Aから見事、白星を挙げたほか、日立第一Aと対戦したCチームも、立ち上がりからゲームを支配し、見事、勝ち点3を積み上げました。

この結果、
Bチームは県1部リーグ第8位、Cチームは県2部リーグ第4位という成績で、今シーズンの県リーグを戦い終えることとなりました。

なお、
B、Cチーム共に来季の昇降格の対象にはならない最終順位となりましたが、仮にAチームがプリンス関東から県1部へ降格となった場合は、Bチームは県2部リーグへ、Cチームは県3部リーグへそれぞれ降格となりますこと、申し添えます。

選手、監督・コーチの皆さん、さらには各試合を観戦された父母会会員の皆さま、その他関係者の皆さん、大変、お疲れ様でした! 

来る9月23日(土)、24日(日)には、高円宮杯U-18サッカーリーグ 2017 プリンスリーグ関東』の第14節、『高円宮杯U-18サッカーリーグ 2017 IFAリーグ』(茨城県リーグ1部、2部)の最終節(第18節)が予定されています。

詳細については既報の通りですが、以下に再掲させていただきます。

Aチーム
プリンスリーグ関東 第14節
9月23日(土)11時キックオフ(前橋育英グラウンド
鹿島学園A vs 前橋育英 
* プリンス関東の試合結果(後期)は《こちら
* プリンス関東の順位表は《こちら

Bチーム
IFA 県1部リーグ 第18節 9月23日(土)11時キックオフ(鹿島学園グラウンド)
鹿島学園B vs 鹿島A
* 県1部リーグ(後期)の全試合結果は《こちら
* 県1部リーグの順位表は《こちら

Cチーム
IFA 県2部リーグ 第18節 9月23日(土)13時半キックオフ(石滝サッカー場)
鹿島学園C vs 日立第一A
* 県2部リーグ(後期)の全試合結果は《こちら
* 県2部リーグの順位表は《こちら

前節、首位の川崎フロンターレU-18と互角の戦いぶりで、後期初の勝ち点を獲得したトップチームは、今節、現在、リーグ3位の前橋育英高校とのアウェイゲーム!

インターハイ予選による中断前の第5節で、当時
リーグ首位に立っていた前育に初黒星をつけると共に、今季初勝利を挙げたことは父母会会員の皆さんの記憶に新しいところかと存じますし、この勝利で勢いづいたトップチームは、続くインハイ予選で見事、県制覇を果たしてくれたわけですが、前節終了時点でも依然としてリーグ最下位に低迷するなか、明日の一戦では是が非でも勝ち点3を挙げておきたいところ。

明日の試合を入れてリーグも残り5節となる一方で、まだまだ「プリンス関東残留」の可能性は残っているわけですし、トップチームのメンバーの皆には、前節のフロンターレ戦を上回る気迫で、強豪・前育にも臆することなく挑んでいって欲しいと思います。

一方、いよいよ最終節を迎える県リーグでは、
Bチームが鹿島高校Aと、Cチームは日立第一高校Aとの対戦となりますが、来る選手権予選でも全国大会出場を争うライバルの1つとなる鹿島高校とのこのタイミングでの真剣勝負の場は、前節で対戦した明秀日立Aとのゲームと同様、様々な意味で有意義な機会となるはずですし、Bチームの選手の皆、さらには日立第一Aと対戦するCチームの皆には、選手権予選に臨む30人の登録メンバー入りに向けた最後のアピールの場となる明日のリーグ戦でベストのパフォーマンスを発揮し、チームの勝利に貢献する活躍をみせてくれることを心からご期待申し上げます!

今週末に予定されるすべての公式戦で良い結果が残せるよう
、鹿島学園サッカー部の選手の皆の健闘を心よりお祈り申し上げます!

9月16日(土)、17日(日)に行われました鹿島学園高校サッカー部の公式戦の試合結果を以下にご案内申し上げます。

Aチーム
プリンスリーグ関東 第13節
9月16日(土)11時キックオフ(鹿島学園グラウンド)
鹿島学園A 0(0-0/0-0)0 川崎フロンターレU-18 
DJ0mOaDV4AAD7HO
* プリンス関東の試合結果(後期)は《こちら
* プリンス関東の順位表は《こちら

Bチーム
IFA 県1部リーグ 第17節 9月16日(土)11時キックオフ(石滝サッカー場)
鹿島学園B 0(0-0/0-0)0 明秀日立A
* 県1部リーグ(後期)の全試合結果は《こちら
* 県1部リーグの順位表は《こちら

Cチーム
IFA 県2部リーグ 第17節 9月17日(日)11時キックオフ(鹿島学園グラウンド)
鹿島学園C 2(0-0/2-0)0 水戸啓明B
* 県2部リーグ(後期)の全試合結果は《こちら
* 県2部リーグの順位表は《こちら

プリンスリーグ第13節、川崎フロンターレU-18とのホームゲームに挑んだトップチームは、リーグ首位に立つ相手に対し、互角以上の戦いぶりをみせ、スコアレスドローで勝ち点1を獲得。試合内容からすれば勝ち点3を積み上げたかったようにも思う次第ですが…選手権予選が行われる期間、リーグが中断されるまでの残り2試合で少しでも多くの勝ち点をゲットできるよう、トップチームの選手の皆の更なる奮起をご期待申し上げます!

一方、県リーグでは、
Bチームが来る選手権予選でも最大のライバルになるであろう明秀日立Aを相手にがっぷり四つの戦いぶりで勝ち点1を挙げたほか、水戸啓明Bと対戦したCチームは、後半にゲームを動かし、見事、勝ち点3を積み上げました。

選手、監督・コーチの皆さん、さらには各試合を観戦された父母会会員の皆さま、その他関係者の皆さん、大変、お疲れ様でした! 

来る9月16日(土)、17日(日)には、高円宮杯U-18サッカーリーグ 2017 プリンスリーグ関東』の第13節、『高円宮杯U-18サッカーリーグ 2017 IFAリーグ』(茨城県リーグ1部、2部)の第17節が予定されています。

詳細については既報の通りですが、以下に再掲させていただきます。

Aチーム
プリンスリーグ関東 第13節
9月16日(土)11時キックオフ(鹿島学園グラウンド)
鹿島学園A vs 川崎フロンターレU-18 
* プリンス関東の試合結果(後期)は《こちら
* プリンス関東の順位表は《こちら

Bチーム
IFA 県1部リーグ 第17節 9月16日(土)11時キックオフ(石滝サッカー場)
鹿島学園B vs 明秀日立A
* 県1部リーグ(後期)の全試合結果は《こちら
* 県1部リーグの順位表は《こちら

Cチーム
IFA 県2部リーグ 第17節 9月17日(日)11時キックオフ(鹿島学園グラウンド)
鹿島学園C vs 水戸啓明B
* 県2部リーグの順位表は《こちら
* 県2部リーグ(後期)の全試合結果は、協会ホームページのリンクに誤りがあるため掲載不可です

後期の3戦を終え、未だ勝ち点を積み上げられていないトップチームは今節、現在、リーグ首位に立つ川崎フロンターレU-18とのホームゲーム!

今節を入れて残り6試合──前節の敗戦で順位も最下位となってしまいましたが、5位の流経柏と6位のジェフ千葉との勝ち点差は6、7位の山梨学院との勝ち点差は5、8位の横浜FCユースとの勝ち点差は3、9位の桐光学園との勝ち点差は1と、今後の巻き返し次第では、まだまだ「プリンス関東残留」の可能性はあるわけですし、
トップチームのメンバーの皆には、首位チーム相手にも引き続き、臆すことなく挑んでいって欲しいと思います。

一方、いよいよ今節を含めても残り2節となった県リーグでは、
Bチームが明秀日立Aと、Cチームは水戸啓明Bとの対戦となりますが、昨日、全国高校サッカー選手権大会茨城県大会の組み合わせが決定するなか、なかでも最大のライバルとなるであろう明秀日立とのこのタイミングでの真剣勝負の場は、様々な意味で有意義な機会となるはずですし、水戸啓明Bと対戦するCチームの皆も含め、選手権予選に臨む30人のメンバー入りを虎視眈々と倣っているBチームCチームの選手の皆には、最後のアピールの場となるであろう今週末を含めた残り2試合のリーグ戦で、チームの勝利に貢献するような印象深いプレーをピッチで魅せてくれることを心からご期待申し上げます!

今週末に予定されるすべての公式戦で良い結果が残せるよう
、鹿島学園サッカー部の選手の皆の健闘を心よりご祈念申し上げます!

本日、『第96回 全国高校サッカー選手権 茨城県大会』の組合せ抽選会が開催され、以下の通り決定いたしましたので、ご案内申し上げます。
2017koukou_senshuken_ibaraki_kumiawase09130001
インハイ予選王者で第1シードの鹿島学園の初戦は、波崎高校と土浦第一高校の勝者と常磐大高と鉾田第一高校の勝者が対戦する2回戦を勝利したチームとの3回戦(11月1日(水)鹿島学園グラウンドにて11時キックオフ)となります。 ちなみに、インハイベスト4のスーパーシード勢では、水戸葵陵が同じ山、鹿島高校と水戸工業が反対の山へ。 続く県リーグ上位勢のシードでは、水戸商、水戸啓明、常総学院、東洋大牛久、水戸桜ノ牧などが同じ山。明秀日立、古河一、常総、佐和などが反対側の山に入りました。 なお、3回戦以降も順当に勝ち上がっていった場合の試合会場については、昨年と同様、続く準々決勝もホーム・鹿島学園グラウンドで戦った後、例年と同じく、準決勝・決勝はカシマスタジアムでの開催となります。 父母会会員並びに父母会OBの皆さん、サッカー部OBの皆さん、その他関係者の皆さまには、上記組み合わせ等につき宜しくご承知置きのうえ、各会場にて熱いご声援を賜れますよう、伏してお願いを申し上げます。

9月9日(土)、10日(日)に行われました鹿島学園高校サッカー部の公式戦の試合結果を以下にご案内申し上げます。

Aチーム
プリンスリーグ関東 第12節
9月10日(日)10時30分キックオフ(ゼットエーオリプリスタジアム
鹿島学園A 0(0-0/0-1)1 ジェフユナイテッド市原・千葉U-18 
失点:86分
* プリンス関東の試合結果(後期)は《こちら
* プリンス関東の順位表は《こちら

Bチーム
IFA 県1部リーグ 第16節 9月10日(日)12時キックオフ(鹿島学園グラウンド) 鹿島学園B 2(0-0/2-0)0 水戸桜ノ牧A
* 県1部リーグ(後期)の全試合結果は《こちら
* 県1部リーグの順位表は《こちら

Cチーム
IFA 県2部リーグ 第16節 9月9日(土)10時30分キックオフ(鹿島学園グラウンド)
鹿島学園C 0(0-0/0-0)0 佐和A
* 県2部リーグの順位表は《こちら
* 県2部リーグ(後期)の全試合結果は、協会ホームページのリンクに誤りがあるため掲載不可です

プリンスリーグ第12節、昨年末、共に参入戦を制し、プリンス関東への昇格を果たしたジェフ千葉U-18とのアウェイ戦に挑んだトップチームは、双方とも攻め手を欠く、じりじりとした展開が終盤までつづくなか、もはや悪癖化の様相を呈しているタイムアップ寸前の86分に決勝点を許し、トータル0対1で敗戦。今節も勝ち点を挙げることはできませんでした。ん~残念…。

一方、県リーグでは
Bチームが毎年度、インハイ予選や選手権予選で厳しい戦いを強いられる、水戸桜ノ牧Aに快勝! 佐和高校Aと対戦したCチームは、スコアレスドローで勝ち点1を積み上げました。

選手、監督・コーチの皆さん、さらには各試合を観戦された父母会会員の皆さま、その他関係者の皆さん、大変、お疲れ様でした! 

来る9月9日(土)、10日(日)には、高円宮杯U-18サッカーリーグ 2017 プリンスリーグ関東』の第12節、『高円宮杯U-18サッカーリーグ 2017 IFAリーグ』(茨城県リーグ1部、2部)の第16節が予定されています。

詳細については既報の通りですが、以下に再掲させていただきます。

Aチーム
プリンスリーグ関東 第12節
9月10日(日)10時30分キックオフ(ゼットエーオリプリスタジアム
鹿島学園A vs ジェフユナイテッド市原・千葉U-18 
* プリンス関東の試合結果(後期)は《こちら
* プリンス関東の順位表は《こちら

Bチーム
IFA 県1部リーグ 第16節 9月10日(日)12時キックオフ(鹿島学園グラウンド) 鹿島学園B vs 水戸桜ノ牧A
* 県1部リーグ(後期)の全試合結果は《こちら
* 県1部リーグの順位表は《こちら

Cチーム
IFA 県2部リーグ 第16節 9月9日(土)10時30分キックオフ(鹿島学園グラウンド)
鹿島学園C vs 佐和A
* 県2部リーグ(後期)の全試合結果は《こちら
* 県2部リーグの順位表は《こちら

後期に入り、流経柏、三菱養和を相手に残念ながら2連敗を喫したトップチームは、今節、ジェフ千葉U-18とのとのアウェイ戦!

既報の通り、前節も前半終了間際と試合終了間際に失点を重ね、0対3で敗れる結果となったわけですが、
前節の敗戦で順位も9位へと1つ下がる中、勝ち点3差の7位ジェフには、是が非でも勝利しておきたいところですし、「プリンス残留」という大目標を達成するためにも、トップチームのメンバーの皆には、J下部のユースチーム相手にも臆すことなく挑んでいって欲しいと思います。

一方、今節を含めても残り3節となった県リーグでは、
Bチームが水戸桜ノ牧Aと、Cチームは佐和Aとのゲームがそれぞれ予定されておりますが、選手権予選のシード校となっている両チームとの対戦は、高校サッカーの集大成である冬の全国高校サッカー選手権大会での30人の登録メンバー入りをめざす、B、Cチーム所属の選手の皆にとって、いまの自分の力を存分に発揮する素晴らしい舞台になるかと存じますし、引き続き、自らが所属するカテゴリーでチームの勝利に貢献できるよう、今週末のリーグ戦でも精一杯の全力プレーで最後まで戦い抜いていただきたいと存じます。

今週末に予定されるすべての公式戦で良い結果が残せるよう
、鹿島学園サッカー部の選手の皆の健闘を心よりご祈念申し上げます!

※先の宮城インターハイにて私の方で撮影させていただいた写真数点が、茨城県サッカー協会のホームページのトップ画面のトップ画像(フラッシュ画像)欄、及び、2種委員会のページに設けられている「ベストショット」に掲載されましたので、ご案内申し上げます(プリンス参入戦の写真も自分が撮ったものが掲載されていますが…こちらも自分が撮影した昨年の広島インターハイの写真は、今回、宮城インターハイの写真がアップされると同時に削除となりました)。宜しければ、ご確認下さい。
001
002

9月2日(土)、3日(日)に行われました鹿島学園高校サッカー部の公式戦の試合結果を以下にご案内申し上げます。

Aチーム
プリンスリーグ関東 第11節
9月3日(日)17時30分キックオフ(三菱養和会 調布グラウンド
鹿島学園A 0(0-1/0-2)3 三菱養和SCユース
失点:37分、85分、90分+1分
* プリンス関東の試合結果(後期)は《こちら
* プリンス関東の順位表は《こちら

Bチーム
IFA 県1部リーグ 第15節 9月3日(日)11時キックオフ(鹿島学園グラウンド) 鹿島学園B 0(0-1/0-1)2 水戸啓明A
* 県1部リーグ(後期)の全試合結果は《こちら
* 県1部リーグの順位表は《こちら

Cチーム
IFA 県2部リーグ 第15節 9月2日(土)13時キックオフ(水戸ツインフィールド天然芝)
鹿島学園C 0(0-1/0-0)1 境
* 県2部リーグ(後期)の全試合結果は《こちら
* 県2部リーグの順位表は《こちら

1年生
関東・静岡 U-16 ルーキーリーグ 2017
Bグループ(2部)最終節(第7節)
9月2日(土)15時キックオフ(時ノ栖スポーツセンター・うさぎ島グラウンド4
鹿島学園 3(1-0/2-1)1 武南(埼玉)
Bブロック優勝・来季のAブロック昇格決定 !
*最終順位は《こちら
キャプチャ

関東・静岡 U-16 ルーキーリーグ 2017
プレーオフトーナメント1回戦
9月3日(日)8時30分キックオフ(時ノ栖スポーツセンター・うさぎ島グラウンド2
鹿島学園(B1位) 3(0-3/3-0)3 矢板中央(栃木)
(A3位)
*レギュレーションより、矢板中央が静岡学園(A2位)との決勝戦に進出

プリンスリーグ第11節、名門・三菱養和SCとのアウェイ戦に挑んだトップチームは、前半の終盤に失点を喫すると、サイドが替わった後半もタイムアップ目前の85分と90分+1分に追加点を献上し、残念ながらトータル0対3で敗戦…。県リーグでもB、Cチームが共に惜敗を喫する悔しい結果となりましたが、「関東・静岡 U-16 ルーキーリーグ 2017」の最終節に挑んだ1年生チームは、3対1で武南高校を下し、見事、Bグループ(2部)優勝を飾ると共に、来年度のAグループ(1部昇格)を決めました!

昨朝に行われた
「ミズノ 全国ルーキーリーグ交流大会」への出場権をかけたプレーオフ1回戦では、Aブロック(1部)3位の強豪・矢板中央を相手に惜しくも引き分けに終わり、レギュレーションによって決勝進出はなりませんでしたが、これで来年4月に入学・入部してくる後輩たちは、再び全国でも有数の強豪が集う「ルーキーリーグ関東・静岡2018」をAブロック(1部)で戦うことができます。1年生チームの選手の皆、おめでとう、そして、ありがとう!
1年生チームの選手の皆には、半年間にわたる厳しい闘いのなかで得られたであろう貴重な経験を糧として、さらなる成長を遂げていっていただきたいと思います。

選手、監督・コーチの皆さん、さらには各試合を観戦された父母会会員の皆さま、その他関係者の皆さん、大変、お疲れ様でした! 

来る9月2日(土)、3日(日)には、高円宮杯U-18サッカーリーグ 2017 プリンスリーグ関東』の第11節、『高円宮杯U-18サッカーリーグ 2017 IFAリーグ』(茨城県リーグ1部、2部)の第15節、『関東・静岡 U-16 ルーキーリーグ 2017』の最終節(第7節)が予定されています。

詳細については既報の通りですが、以下に再掲させていただきます。

Aチーム
プリンスリーグ関東 第11節
9月3日(日)17時30分キックオフ(三菱養和会 調布グラウンド
鹿島学園A vs 三菱養和SCユース
* プリンス関東の試合結果(後期)は《こちら
* プリンス関東の順位表は《こちら

Bチーム
IFA 県1部リーグ 第15節 9月3日(日)11時キックオフ(鹿島学園グラウンド) 鹿島学園B vs 水戸啓明A
* 県1部リーグ(後期)の全試合結果は《こちら
* 県1部リーグの順位表は《こちら

Cチーム
IFA 県2部リーグ 第15節 9月2日(土)13時キックオフ(水戸ツインフィールド天然芝)
鹿島学園C vs 境
* 県2部リーグ(後期)の全試合結果は《こちら
* 県2部リーグの順位表は《こちら

1年生
関東・静岡 U-16 ルーキーリーグ 2017
Bグループ(2部)最終節(第7節
9月2日(土)15時キックオフ(時ノ栖スポーツセンター・うさぎ島グラウンド4
鹿島学園 vs 武南(埼玉)

* Bグループ 現在の順位表
2017_09_01 11_14 Office Lens

年18試合のリーグ戦も折り返しを過ぎ、後期の初戦となった前節、先の「宮城インターハイ」で優勝した流経大柏を相手に惜敗を喫したトップチームは、名門・三菱養和SCとのアウェイ戦!

前期の第2節で対戦した際は、終盤に失点を重ね、0対2で惜しくも敗れる結果となったわけですが、
前節を終えた時点で、4位 三菱養和(勝ち点14)、5位 流経大柏(勝ち点13)、6位 ジェフ千葉(勝ち点13)、7位 山梨学院(同12)、8位 鹿島学園(同10)、9位 横浜FCユース(勝ち点9)と、中団の6チームが勝ち点6差に依然として密集している状況に鑑みても、今節こそは是が非でも勝ち点を挙げておきたいところです。

前節の流経大柏戦では、立ち上がりの開始1分と試合終了間際の87分に得点を奪われたことに鑑みても、プレースキル云々以前に、試合に入る際のピリッとした気持ちや諦めずに最後まで戦い抜く想いが、今少しばかり足りなかったようにも想像できるところかと存じますが…激戦必至の選手権予選に臨むにあたっても、トップチームのメンバーの皆には、少しの気の緩みが試合の勝敗を左右しかねないことを今一度、胸に刻みつつ、まずは今節での勝ち点3をめざして、名門・三菱養和に挑んでいって欲しいと思います。

一方、今節を含めても残り4節と早くも終盤戦を迎えている県リーグでは、Bチームが水戸啓明Aと、Cチームは境高校とのゲームがそれぞれ予定されておりますが、特にBチームが相まみえる水戸啓明Aは、来る選手権予選でも全国大会への出場権を争う強敵の1つに数えられる相手! 選手権予選前に啓明のトップチームの現状をうかがい知る絶好の機会となるわけですが…境高校と対戦するCチームのメンバーも含むB、Cチーム所属の選手の皆には、引き続き、高校サッカーの集大成である冬の全国高校サッカー選手権大会での30人の登録メンバー入りをめざし、まずは、現在、自らが所属するカテゴリーでチームの勝利に貢献できるよう、今週末のリーグ戦でも精一杯の全力プレーで最後まで戦い抜いていただきたいと存じます。

この他、前節の暁星戦を9対0で圧勝した1年生チームは、「関東・静岡 U-16 ルーキーリーグ 2017」Bグループ(2部)の最終節(第7節)をリーグ首位で迎えることとなりましたが、土曜日に行われる武南高校とのリーグ最終戦に勝利すれば、今年度のBグループ優勝、ならびに来年3月に開催される「ミズノ 全国ルーキーリーグ交流大会」への出場権(2枠、うち1枠はA優勝チーム)をかけた、日曜日のプレーオフトーナメント(①1回戦:Aの3位とBの優勝チーム→②代表決定戦:①の勝者とがAの2位チームが対戦し、勝者が全国大会への出場権を獲得)への進出が決まることとなります!

また、武南高校と引き分けた場合でも、3位の清水桜が丘との勝ち点差に鑑みれば、リーグ2位以上に与えられる来季Aブロックへの自動昇格権を手にすることとなりますが…万が一、敗れた場合は、その他のチームの結果に左右される部分もありますが、Bブロック3位とAブロック8位が対戦する「入れ替え戦」への進出もかなり厳しい状況になる可能性が高いだけに、翌日に予定される全国大会への「プレーオフ」云々はさておき、まずは埼玉の
名門校との最終戦に是が非でも勝利を挙げてくれることを、心からご期待申し上げます。

なお、今週末に予定されるルーキーリーグの全試合は、御殿場・時ノ栖スポーツセンターでの「集中開催」となりますが、土曜日の最終節以外の試合時間、会場等については、土曜日の結果如何で決定さっることとなりますので、応援等で現地にお越しになる予定の父母会会員の皆さまには、各自、ご子息へ直接、お問い合わせを頂けますよう、宜しくお願い申し上げます。

今週末に予定されるすべての公式戦で良い結果が残せるよう、鹿島学園サッカー部の選手の皆の健闘を心よりお祈り申し上げます!

このページのトップヘ