自宅生の保護者の皆さまを中心に、既にご存じの方も多いかと思いますが…来週の木曜日と金曜日、10月の23日、24日は、鹿島学園高校の「中間テスト」実施日!

選手権予選の初戦を前に各カテゴリーともトレーニングに熱が入るなか、そろそろテスト勉強にも精を出し始めている様子が漏れ聞こえてくる今日この頃ですが、「高校生」である以上、サッカーだけでなく、勉強にもキチンと向き合わなければならないことは自明の理♪

ことサッカーについては、
“サポーター”程度で温かく見守りつつ、温かい目で「応援」してあげること“のみ”が親の役目のように私自身も思っている次第ですが…翻って、勉強・成績については、私も含め、特に寮生のご子息をお持ちの親御様には、離れて暮らしているからこそ、サッカーとは一転して、常日頃からの“叱咤”が大切のようにも思う次第!

3年生のみんなも徐々に進路が決まりつつあるようですが…スポーツクラスで大学進学を希望する場合、その手段が主にAO入試や指定校推薦、一般推薦になってくるなか、応募要件や合否にも大きく影響してくる通知表の「評定」に直結する「定期テスト」の重要性は言わずもがな…。

まして“赤点”など取ろうものなら、場合によっては一定期間、部活参加が禁止されたうえ、補講の受講が義務づけられたりもしちゃうわけですが…愚息も“ご多分に漏れず”でしたが、部活中心の高校&寮生活にも慣れてくる2学期に成績を落とすケースは少なくないかと存じますし…あと1年もすれば大学入試の時期を迎える2年生はもとより、1年生の寮生の保護者の皆さまにも、来週末の「中間テスト」に向け、不躾ながら、そろそろご子息への叱咤激励を賜れますよう、よろしくお願い申し上げます♪