本日、11/16(日)13時より、県立カシマサッカースタジアムにて「第93回 全国高校サッカー選手権 茨城県大会」の決勝戦が行われ、第一学院高校が2-1で鹿島高校を破り、見事、優勝! 来る12月30日(火)に開幕する「第93回 全国高校サッカー選手権」への初出場を決めました。

全国高校サッカー選手権
茨城県予選 決勝
県立カシマサッカースタジアム
平成26年11月16日(日)
13:00キックオフ
第一学院 2-1 鹿島高校
得点:8分 西村(第一)、80+1分 細田(鹿島)、80+4分 畠山(第一)
IMG_0003-1
[選評]*公式記録より
 インターハイチャンピオンである鹿島学園を破って決勝戦に進出した第一学院、粘り強い戦いでここまでかちあがった鹿島高校との決勝戦となった。試合開始と同時に第一学院の出足の良さが目立つ。しっかりとした守備からのカウンターは鋭く、左サイド⑰高沢が果敢にオーバーラップを仕掛けチャンスを作る。試合が動いたのは前半8分。意表を突くショートコーナーキックから第一学院⑧西村が押し込み先制。その後、両チームともなかなかボールを収めることができない状況が続く中で、⑩大野を中心にワンチャンスをうかがう鹿島高校がシュート数を増やしていく。一進一退の攻防が続く状況で前半終了。
 後半開始と共に積極的にしかけたのは鹿島高校。しかし、②畠山を中心に強固な守備を築く第一学院に対し決定機をなかなか作ることができない。終盤にさしかかりお互いに攻撃への意識が更に高まる。両チームとも鋭いカウンターから決定的なチャンスを作り出すが決めることができない。⑪富上を前線に配置し、更に攻撃的なシステムで相手陣に押し込む鹿島高校。それに対してしっかりとした守備から鋭いカウンターを繰り出す第一学院。鹿島高校は選手交代を行い、長身FW⑲紫和を投入、⑪富上とのツートップでパワープレーをしかける。その成果が実を結び、後半アディショナルタイム、セットプレーから④細田が押し込み同点とする。このまま延長戦と誰もが思った終了間際、第一学院②畠山のミドルシュートがネットを揺らし試合終了。互いに最後まで力を出し切る非常に素晴らしい試合であった。
IMG_0002-1
IMG_0001-1DSC_3095-1

第一学院高校の皆さん、優勝おめでとうございます。鹿島高校の皆さん、本当にお疲れ様でした!

鹿島学園サッカー部のメンバーも数多くスタジアムで観戦していましたが、両チームの頑張りに大きな刺激を受けたことと思います。
再びの頂点をめざす戦いも今日の決勝が終わった時点から始まりました。来年はこの場で皆の撮影ができるよう祈念するとともに、捲土重来を果たしてくれるよう、心から期待していまーす! 

なお、既報の通り、この試合の模様は今晩
16日深夜(日付は変わって17日)1:29~3:19、日本テレビで録画放送されます。後半アディショナルタイムの劇的な展開は超必見です!お見逃しなく(明日、お仕事や学校の皆さんは忘れずに録画を♪)。

ちなみに小生の方、本日は、選手権本大会前に発売される『高校サッカーダイジェスト』のカメラマンとして撮影にあたっておりました関係上、誠に不躾ながら、撮影した写真をWebアルバムにアップすることはいたしません(編集部からの指示により両チームの注目選手等、決められた場面・カットを中心に撮影していたこともあり、撮影枚数も通常の鹿島学園の試合よりもかなり少なくなっています)。

よろしくご承知置きのほどお願い申し上げます。

第93回全国高校サッカー選手権出場チーム決定 
B2i24GPCAAABHsz
*明日、11月17日(月)全国大会組み合わせ抽選会