全国高等学校総合体育大会 男子サッカー競技 茨城県予選
準々決勝 6月14日(水)
ひたちなか陸上競技場
11:00キックオフ
鹿島学園高校 4(1-0/3-0)0 牛久栄進高校
得点:富岡×2.高柳.橋口
DCP8kf_UAAAuLGV

今大会で初めてホーム・鹿島学園グラウンドを離れてのゲームとなった牛久栄進高校との準々決勝は、
前半13分、深貝くんの左コーナーキックに富岡くんがヘディングで合わせて先制すると、サイドが替わった後半5分すぎ、左サイドから富岡くんが放ったクロス気味のボールがそのまま相手ゴールへ吸い込まれ、2点リードに。

さらに、後半40分、ペナルティーエリア内での相手のファールにより得たPKの場面、梶野くんのシュートは相手GKに止められるも、こぼれ球を高柳くんが詰めて3対0となると、このファールで相手のCBが2枚目のイエローで退場となるなか、後半アディショナルタイムには、橋口くんが
左サイドから相手選手を2人交わしてドリブル突破を図ると、最後はGKとの1対1も冷静にニアを抜き、ビューティフルゴールをゲット! 

先制点を挙げた後の前半の攻め方等には、まだまだ改善の余地を残すものの、トータルスコア4対0の盤石の試合運びで、見事、準決勝進出を決めるとともに、今大会のベスト4に与えられる「第96回 全国高校サッカー選手権 茨城県予選会」のAシードを勝ち取りました。 選手、コーチングスタッフの皆さん、応援にまわった控え選手の皆、さらには試合を観戦された父母会会員の皆さん、その他関係者の皆さま、大変、お疲れ様でした! DCQEJryU0AI6wEP
なお、本日行われた準々決勝4試合の結果と、来る6月17日(土)に行われる準決勝の組み合わせは、以下の通りとなりますが、今日の準々決勝で最大の注目カード、今年1月の県新人大会で両校優勝となった鹿島高校と明秀日立の対戦は、PKによる2ゴールを挙げた鹿島高校が明秀の反撃を直接FKによる1点に抑えてベスト4へ。県新人大会、関東高校サッカー県予選に続く県内3冠目を狙った優勝候補の明秀日立は、大会ベスト8止まりで敗退となりました。

準々決勝 試合結果
鹿島学園 4(1-0,3-0)0 牛久栄進
水戸工 2(1-0,1-0)0 東洋大牛久
水戸葵陵 1(1-0,0-0)0 麻生
鹿島 2(1-0,1-1)1 明秀日立

準決勝 試合予定
6月17日(土)
ひたちなか陸上競技場
11時 
鹿島学園 vs 水戸工業
13時半
水戸葵陵 vs 鹿島 0614終了

鹿島学園高校サッカー部の次戦(準決勝)は、6月17日(水)の11時より、ひたちなか陸上競技場において、本日の準々決勝で東洋大牛久を2-0で下した、水戸工業高校との対戦となります。

諸般の事情により、私の方、土曜日の準決勝の撮影にはうかがえなくなってしまったのですが(来週水曜日の決勝戦の開催日は、仕事もお休みして会場まで撮影にうかがいますので、選手、監督・コーチ並びに父母会会員の皆さまには、どうぞご容赦ください)、鹿島学園サッカー部を愛するすべてのサポーターの皆さまには、引き続きのご声援を賜れますよう、どうぞ宜しくお願いを申し上げます!